fc2ブログ

捏造!従軍慰安婦展 in 大阪

いま、日本各地で捏造!従軍慰安婦展が盛んに行われております。
しかも、主催している団体が一つではなく多種多様になってきているのもこの展覧会の特徴です。
それだけ多くの人間がこの朝日新聞の捏造記事から発した問題に対して怒りの声を上げているのではないでしょうか?
強制ではなかった!従軍慰安婦は捏造です!
従軍慰安婦1
従軍慰安婦2
真実の歴史を知り自虐史観から脱しましょう!

現在、こちらの展示では生き証人プロジェクトというものを行っております。
生き証人プロジェクト
戦争体験を語り継ぐこと

それは、ある方のひと言から始まりました。
「戦争の話しをしてもいいかい?」

その方は敗戦の色が濃くなってきた戦争末期、台湾に出征されました。
帰還後は祖国復興の為に働き続けてこられ、今は穏やかな老後をお過ごしです。

今まで戦争のことを話す気にならなかったのは「負けたがゆえに、語らぬことを良しとしなければならない」と思ったからだそうです。

しかし昨今の慰安婦問題や南京問題という歴史の解釈の中で、勇敢で規律正しく戦ったわが日本軍が他国だけではなく、日本人の不勉強によって一方的に貶められている。自分たちの軍隊は、そのような卑劣なことはしていない。れっきとした軍律の下に動いていた事は、自分がようく知っている。今でも軍人勅諭を全文言えるほど規律は大切なもので、それを遵守して戦った。にもかかわらず、嘘がどんどん真実に作り替えられていく。それをこのまま見ているしかないのだろうか・・・

お話を伺ううちに「私達に何か出来る事はないだろうか。」
「もしかしたらこのようなお気持ちの方が、他にもいらっしゃるのではないだろうか」そう思うようになりました。

そんな時、ふと思いついたのです。
ご自分と、戦友と、英霊とそして未来の子孫の名誉のために、真実の戦争体験を語っていただくことで名誉回復にご尽力いただこう。そのためのお手伝いが出来たら・・・そう思ったことが「生き証人プロジェクト」発足のきっかけとなりました。

皆さまも身近な方に本物の戦争体験を聞いてみませんか?歴史の真実に触れることほど貴重な体験はありません。本物の戦争体験を聞かれる時間は正直もうあまり残されていないのです。
私たちは宗教や思想や政治にかかわりません。。ただその体験を真摯に聞かせていただくそのことが出征されたすべての方への恩返しのひとつと思っています。

皆さん、ご協力をお願いします。

【捏造!従軍慰安婦展】
12月21~23日 1月18,19日 大阪市立総合生涯学習センター
2月8,9日 奈良県文化館
12月21日 千葉市文化センター

以上、よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/12/16 06:00
コメント:

管理者のみに表示