春の園遊会

昨19日、赤坂御所で両陛下ご主催の春の園遊会が開催され、各界の功労者など、2000人弱の人が出席しました。その中で、台湾の大使に相当する台北駐日経済文化代表処の馮寄台代表夫妻が、台湾代表として初めて招待されました。

思えば台湾は、東日本大震災後はいち早く救援隊を派遣し、その後は200億円にものぼる義捐金を贈ってくれました。官民を挙げて日本に多大の支援をしてくれたのです。然るに日本政府は、台湾の救援隊派遣の申し出を一度は断り、更には一周年後の追悼式典では、台湾代表を来賓席から一般席に追いやり、献花も一般人としての献花に止めました。民主党政権は、台湾に対して、恩義に応えない誠に非礼な扱いをしたのでした。

日本は「信の国」、シナは「偽の国」とは、黄文雄さんの言葉です。恩義を受けた人には、足を向けては寝られないと言うのが日本人です。民主党政権は、民族の名誉を毀損する行為を行ったのでした。ただひたすらにシナに諂うためでした。諂うと言うよりも、彼等はシナの属国の気分にあるのかも知れません。

今朝(4/20)の産経新聞一面では、「陛下、台湾の震災支援に謝意」の見出しと共に、陛下が馮台湾代表に声をかけられている下記の写真大きく掲げていました。陛下が民主党政権による民族の不名誉をカバーされたのでした。それも誠に何気なく自然体にです。私たちは、陛下を戴く我が国のこの有りように感激いたします。
    enyukai

台湾の中央通信社は、早速次のように速報したとのことです。
「天皇陛下は馮寄台氏に対し、台湾による震災義捐金に感謝のお言葉を述べられた。皇后陛下もその傍らで、英語で馮夫人と言葉を交わされた」。

また、台湾外交部も次のようにコメントしたとのことです。
「日本各界の台湾への感謝の行動と、天皇が馮寄台氏に感謝のお言葉を述べられたことは、どれもが台日政府間の友好関係、民間の深い友情を代表するものだ。」
   http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/

しかし我が国のマスコミの酷さはここにも表れます。園遊会の報道はしていますが、台湾代表が招待されたことも、陛下が謝意を述べられたことも、報道しません。重大な歴史的意味があるはずですが、それが分からないか、あるいは民主党政権の非礼がまた話題になることを避けたのか、あるいはシナへの意味のない「配慮」があったからと思われます。

ネットで見る限りでは、朝日も読売も、NHK、テレ朝、日テレも触れていません。ただ時事通信と毎日は触れていました。しかしさすか毎日です。次のように陛下への敬語抜きです。それに何とも無機質です。
「外交筋によると、陛下は馮代表に対して、“台湾ありがとう”と声をかけた。」

産経は次のとおりでした。
「東日本大震災で寄せられた台湾からの支援に感謝の言葉を述べられた。」

(うまし太郎)
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2012/04/20 16:39
コメント:
日本は素晴らしい国ですねっ♪
政府の失態を、天皇陛下が、きっちりとカバーして下さる。
このような陛下を頂く、日本国民は、本当に幸せだと思います。
素晴らしい記事のアップ、有り難うございますv-410
日本は素晴らしい国ですねっ♪
政府の失態を天皇陛下がカバーして下さいました。
日本国民は、幸せです。

陛下と馮寄台代表の信頼しきった笑顔は素敵ですねっ。

素敵な記事のアップ有り難うございました。v-410

管理者のみに表示