お正月の楽しみ

お正月、これは家族そろって祝う行事であると同時に久しぶりに地元の友人と会う機会でもあります。
当然、この年になるとそれなりに良いものを食べ、飲むこととなります。

さて、その事すら許さない報道社がありました。
6日に仕事始め 安倍首相が過ごしたグルメな冬休み
 まったく、いい気なものだ。安倍首相が12月28日から1月5日までノンビリと冬休みを過ごしている。もちろん、首相にも休息や気分転換は必要だろう。しかし、庶民はカツカツの生活をしているのに、連日、高級レストランでグルメ三昧なのだ。
 28日に渋谷の行きつけの高級美容室で散髪すると、翌日は秘書官を連れて、神奈川県茅ケ崎市の名門ゴルフクラブ「湘南カントリークラブ」へ。3日も茅ケ崎市のゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」でラウンドした。
 しかも、都内に豪邸があるのに、寝泊まりは外資系の超高級ホテル「グランドハイアット東京」(六本木)に連泊している。昼間は昭恵夫人、母・洋子さんと映画「永遠の0」や「武士の献立」を観賞し、年末は南こうせつと伊勢正三のコンサートを楽しんだ。
「年末年始のほぼ毎晩、首相は家族や親族と、ハイアットの中にある高級レストランで高級ディナーを楽しんでいます。すしの『六緑』はマグロ1貫が2000円する名店。ステーキハウス『オークドア』のA5ランクの神戸サーロインステーキは150グラムで1万3200円です。超高級中華の『チャイナルーム』のコースはひとり2万円。この正月は家族の夕食代だけで30万円近く使っているはずです」(担当記者)
 政治評論家の本澤二郎氏がこう言う。
「安倍首相は夏も10日間の長期休暇を取り、ゴルフ三昧でした。歴代の首相でこれほど遊びほうけている首相は見たことがありません。あの小泉元首相でさえ、在任中はゴルフを自粛していました。激務の首相が静養するのは構いませんが、安倍首相の場合、そこまで国民のために働いていると言えるのでしょうか。外遊ばかりしている印象が否めません」
 歴代の首相は休暇でも、本を読んだり、勉強にいそしんだものだ。ところが安倍は遊んでばかりいる。
「安倍首相の実働時間は、歴代首相と比べても短い。昨年は4カ月も国会を開かず、やっと臨時国会を開いたと思ったら、期間はたった50日間でした」(本澤二郎氏)
 今年の抱負を聞かれた安倍は、「わくわくしながら1年を送る」と答えた。まるで小学生だ。9日からまた中東・アフリカに外遊に出かける。少しは国民のために働いたらどうか。

外泊したり、映画を見たり、コンサートに行ったり、初詣に行くことがそんなに悪いことなのでしょうか?
そうなると私は安倍総理と同じような生活を行っておりました。

まず、自宅があるのに三が日から旅行に行っておりましたし、永遠の零も見に行きました。
初詣こそ実家の近くの神社へ行きましたが、この正月に伺った神社はそれこそ10社は下りません。
移動距離も1000km超えとなり、紀伊半島の海岸線の一周を行っていたりもします。
友人と会えば呑む!これの繰り返しですね。

お昼はお昼で外食ばかり、しかもそれなりにおいしいところに行きました。
うどん
うどんと天麩羅や
インディアンカレー
カレーなど

元旦にはお屠蘇を戴き、住吉大社では甘酒を戴きましたね。
甘酒

呑みに行けば当然旬のものを戴きます。
何せ旬のものは安くておいしい!これ最強です。焼き牡蠣
ガシラの煮つけミンククジラ
以下砂嘴
焼き牡蠣にガシラの煮つけ、ミンククジラのお刺身に烏賊の生き造り、十分贅沢なのでしょうか?
これが普通の一般市民の楽しみなのではないでしょうか?
ハレに日に御馳走を戴く、これは素晴らしい文化だと思います。
当然、お酒も楽しく戴いております。素晴らしいこの文化!
と呑兵衛の戯言はおいておりますが、ハレの日に御馳走を戴くことは普通の考えだと思います。
それすら許さない現代の記者はどのようなお正月を過ごしているのでしょうね?

そういえば全く報道されない特定秘密に韓直人の夕食がありましたね。
菅直人の2010年の首相動静メモ

12/6 赤坂のすし店「赤坂 石」。銀座のバー「四馬路」
12/5 武蔵野市日本料理店「きんとき」。
12/4 内幸町の帝国ホテル。同ホテル内のすし店「なか田」
12/3 赤坂の「DINING一蔵 赤坂店」
11/28 中国料理店「星ケ岡」
11/27 中国料理店「溜池山王聘珍樓」
11/20 帝国ホテルの客室
11/14 永田町のザ・キャピトルホテル東急。中国料理店「星ケ岡」
11/13 横浜インターコンチネンタルホテル首相主催の夕食会。
11/7 神楽坂の日本料理店「神楽坂 久露葉亭」
11/5 平河町のすし店「蛇の新」
11/4 赤坂の日本料理店「赤坂紙音」
11/3 永田町のザ・キャピトルホテル東急。中国料理店「星ケ岡」
11/2 赤坂のすし店「赤坂 石」
10/30 ホテル・ニッコー・ハノイ ビエット越日友好議連会長主催の夕食会。
10/29 ベトナムのグエン・タン・ズン首相夫妻主催の夕食会。
10/27 永田町の日本料理店「北大路 赤坂茶寮」
10/22 永田町の日本料理店「黒沢」
10/19 赤坂の日本料理店「球磨川」
10/17 ホテルニューオータニのすき焼き「岡半」
10/16 代官山のすし店「代官山 韻」
10/15 六本木の日本料理店「さかなや富ちゃん六本木店」
10/13 赤坂の焼き肉店「叙々苑 游玄亭赤坂」
10/11 ANAインターコンチネンタルホテル 中国料理店「花梨」
10/8 赤坂の日本料理店「赤坂たけがみ」
10/6 赤坂のすし店「赤坂 石」
10/2 赤坂・焼き肉店「叙々苑 游玄亭赤坂」
10/1 赤坂・ すし店「赤坂 鮨金ちゃん」

安倍総理の時は超高級料理や高級レストラン、高級ディナーと書いていましたが、
韓直人の場合は日本料理屋やすし店などと書いています。
何故、そのように同じ店でも印象を変えて報道するのかは特定秘密なのでしょうね(笑)

お正月ぐらいは贅沢しても構わないと思いますし、むしろこのようなハレの日に暗いマクドやすき屋のようなところに行っても仕方がないと思います。
報道機関は少しは常識を弁えませんと国民の意識が向かなくなりますよ。
もう無理かもしれませんが・・・

改めて明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願い致します。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/01/10 06:00
コメント:

管理者のみに表示