日本人全員 対 反日勢力の戦い

沖縄の名護市市長選挙が行われておりましたが、
自民党の候補者に対して創価学会政党である公明党は連立を組んでいるにもかかわらず、自主投票にしたそうです。
しかも結果は皆さんのご存じのとおりです。
自主投票「黙認」 公明ねじれ 自民不満
 12日告示された沖縄県名護市長選で、公明党は党沖縄県本部の自主投票方針を事実上「黙認」する形で臨む見通しだ。自民、公明両党の連立政権は国政、地方を問わず選挙戦で足並みをそろえるのが通例だが、今回は元県議の末松文信氏(65)を推薦した自民党県連の対応とは隔たりがある。自民党県連内では公明党への不満が渦巻いており、市長選の結果次第では今後の政権運営に影を落としかねない。
 末松陣営によると、12日の出陣式に公明党県本部幹部らは出席しなかった。自民党県連は前公明党代表の太田昭宏国土交通相らに応援を要請しているが、一向に返事はない。
 公明党が末松氏の支援に二の足を踏むのは、県本部が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する立場を変えていないためだ。
 一方、政府・与党として県内移設を容認する党本部は9日、県本部の自主投票方針を了承せず、井上義久幹事長が県本部との「ねじれ」解消に乗り出した。だが、告示日を迎えても折り合いがつけられない「吊るし」(党幹部)のままだ。
 党本部は引き続き末松氏支援を県本部に働きかける構えだが、自民党県連内では公明党への批判が強まっている。ある自民党県連幹部は「自公協力の下、公明党国会議員らの選挙戦を支援してきたが、恩知らずも甚だしい」と憤る。
 自民党県連は不信感も高めている。11月に予定される県知事選で、辺野古移設に強く反対している那覇市の翁長雄志(おなが・たけし)市長を担ぎ出そうとする動きが公明党県本部の一部にあることを嗅ぎ取っているからだ。
 革新系も巻き込み、「オール沖縄」で辺野古反対という図式を作り上げ、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事かその後継者に弓を引く-。その策謀は単なる「野合」にすぎず、連立を組む自民党への背信にほかならない。別の自民党県連幹部は「連立の終わりの始まりだ」とも警告する。
 名護市長選をめぐっては、民主党が自主投票とする方針を決定。共産、生活、社民の各党は稲嶺進氏(68)を推薦している。

自民党が創価学会を容認している理由の一つに選挙協力があります。
地方選挙ではほぼ100%の投票率を誇るカルト教団創価学会の票を獲れるから公明党と連立を組んでいるにすぎません。でその票が期待できなくなったというのであればもはや連立を組む理由はありません。
自民党と公明党では自ら目指している政策はほとんど異なりますし、自民党は民主主義、公明党は池田大作の独裁主義と全く異なる政党同士です。
選挙協力が得られなければ連立を組む必要はなく、むしろ手を切った方が自民党を応援する人間は増えるといわれております。
この創価学会は東京都知事選でも要らぬ影響力を出していると言われております。
今回の東京都知事選挙の候補者を見てみましょう。
201401141522117b9.jpg
明確に憲法違反である外国人参政権に反対しているのは田母神さんだけですね。
細川、舛添、宇都宮は外国人参政権に賛成の立場です。
これだけ見ても日本人のために働く人は田母神さんしかいないことが分かります。

しかし、今回の東京都知事選では自民党執行部は愚かな選択を行いました。
<都知事選>舛添氏、自民に支援要請 石破氏と会談
 東京都知事選(2月9日投開票)に出馬表明した舛添要一元厚生労働相(65)は15日、自民党の石破茂幹事長と同党本部で会談し、自民都連の推薦を受けることを踏まえて支援を要請した。石破氏は「党本部としても全力で支援する」と応じた。舛添氏は記者団に無所属出馬を強調する一方、「都知事になった暁には、都議会ともスクラムを組まないといけない」と述べ、自民、公明両党との連携も重視する考えを示した。
 自民党を除名された舛添氏の支援を巡り、小泉進次郎復興政務官ら党内から批判が出ていることに関し、舛添氏は記者団に「反感がたくさんあるのは当然だ」と認めた上で、昨夏の参院選の出馬見送りで区切りをつけたと説明。「過去ではなく先のことを考えたい」と理解を求めた。
 舛添氏は政党色を出さない選挙戦を模索していたが、自民党幹部は細川氏出馬を念頭に「背に腹は代えられないということだ」と説明した。【高橋恵子】

毎日新聞の報道なのでどこまで本当なのかわかりませんが、石破氏は自民党が一番苦しい問いに捨て台詞を吐き後ろから逃げ出していった人間を支援するようですね。暑いのはのど元を通り過ぎれば忘れていいのでしょうか?
石破が支援したいと言っても自民党の党員はそのようには考えていないようです。話では新宿区の自民党は舛添氏を支援しませんと公表したそうですね。
1525266_541121139317020_394961352_n.jpg
多分釣りだと思いますが、舛添氏には強力なバックがあるそうでして、そのバックには韓国がついているとかいないとか・・・その関係で公明党が舛添氏を支援したがっているとのうわさも耳にします。
はたして真相はどうなのでしょうか?
 と言っていますが私にはそのようなことは関係ありません。
田母神さんを応援するだけです。おそらく安倍総理も田母神さんの応援を行うと思います。

昔の動画ですが、安倍総理が田母神さんを幕僚長にしたのは安倍総理らしい人事であったと話しています。
日本を良い国と言って自衛隊を更迭された田母神さんは勇気のある人間であり、もし大震災が発生した際にきちんと東京を導ける人間だと確信しております。

その田母神陣営に心強い味方がどんどんあらわれております。
維新政党新風も東京事務所開設に合わせて顔を出して支援を表明してくれました。
ありがたいことです。
維新政党新風
(写真は少し前のものです)

皆で頑張っていきましょう。
banner.gif
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/01/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示