25日の活動

さて、東京都都知事選も大事ですが、草莽の活動も忘れてはなりません。
各地で様々な活動が繰り広げられています。
ec9ed5b4.gif

私は出張で四日市にいますので四日市の活動に参加する予定です。
第二回三重・草莽フォーラム河添さんの講演会
 支那による日本の侵略は、陰に陽に着々と進んでしまっています。支那資本による日本の土地の買収、水資源の強奪、全国各地の支那領事館の拡張、尖閣諸島周辺海域への領海侵犯、日本の領空への侵犯、太平洋側への膨張と侵攻、支那人の大量流入による民間侵略などなど…。もう数え上げれば枚挙にいとまがないほどです。

 支那は、日本にとっては明らかに敵国です。李鵬首相がかつて「日本なんて国はいずれ無くなる」と公言したのですから。そして現実に、支那による日本への侵略はどんどん進んでいるのです。

今の日本には何十万人の支那人が巣食っているのでしょうか。今、支那共産党が国防動員法を発令したら、全国各地で支那人が組織的に暴動を起こし、大規模なテロを起こしかねません。妄想や夢物語の類ではなく、それが現実なのです。

 もはや日本国民は惰眠をむさぼっている場合ではありません。まずは覚醒しなければならないのです。そして、現実を直視し、起ち上がらねば、日本は崩壊してしまいます。国家存亡の危機に瀕しているのですから。

 まずは実態を知り、現実をはっきりと理解するために、このイベントにご参加ください。

日時/平成26年1月25日(土)14:00~16:00
会場/四日市市文化会館第3ホール
参加費/1,000円

※講演会終了後、講師・河添恵子先生の著書の即売会&サイン会を行います。サイン会終了後、河添先生を囲んでの懇親会を開催します(要・事前申込、会費4,000円程度を予定) 


<河添恵子さんプロフィール>
 ノンフィクション作家。昭和38年千葉県松戸市生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、昭和61年より北京外国語学院、翌年より遼寧師範大学へ留学。平成5年に作家活動をスタート。主な著書は『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(産経新聞出版)、『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)、『中国人とは愛を語れない!』(並木書房)、『アジア企業in JAPAN』(PHP研究所)、『エリートの条件―世界の学校・教育最新事情』(学研)、『だから中国は日本の農地を買いにやって来る』(産経新聞出版)など。
 産経新聞コラム、『正論』壁新聞、その他、『WⅰLL』『週刊文春』『新潮45』『サピオ』『テーミス』などで執筆。ネットTVで『河添恵子 世界を語る』(チャンネルAJER)に出演中。TVコメンテーターとしての出演も多数。取材は40ヵ国以上。

それ以外にもたくさんの予定があります。
千葉県では、放射線に関する疑問にお答えするため、専門家による講演会を開催するようです。
【日時】平成26年1月25日(土) 13:00~16:30
【場所】流山商工会議所3階ホール(流鉄流山線流山駅徒歩2分)
【定員】150名(参加費無料。事前申込制、先着順)
【内容】
  講演「(仮題)世界の核災害現場と福島」(講師:札幌医科大学高田教授)
  講演「(仮題)事故による影響をどのように考えるべきか~放射線や放射能の値の見方・考え方~」(講師:東京工業大学大場特任准教授)
【申込み】千葉県県ホームページ>「放射線に関する講習会」開催についてをご確認下さい。
http://www.pref.chiba.lg.jp/bousaik/event/2013/20131226.html

事前申し込みが必要なようです。
私は出張中なのでいけませんが、宜しくお願いします。

又、佐藤守氏による講演も開催されます。
国防を語らずして、日本を語るなかれ!
 軍事評論家としてブログやチャンネル桜などで活躍中の当会顧問・佐藤守が「国防」を熱く語る連続シリーズの十六回目です。
 外務省が沖縄返還に関する日米間の外交文書を一般公開したことにより、東西冷戦が緊迫化した昭和30年代、対共産圏の防波堤・沖縄の返還をかたくなに拒否する米国に対し、岸信介首相が返還までの期限を「10年」と設定し、執念を燃やして米国との会談に臨んでいたことが明らかになりました。
 その後、中ソ対立が深刻化し、ニクソン大統領が訪中した昭和47年、ようやく沖縄返還が実現しましたが、政治主導で実現したこの返還は、我が国の国防上、重大な問題点を置き去りにしたままのものでした。
 沖縄返還後の南西諸島防空は、航空自衛隊の態勢整備が間に合わないため、約1年は米空軍が担当し、領空侵犯機には撃墜を前提とした「交戦規範」で対処しましたが、日本政府は対外的には、自衛隊の領空侵犯措置と同じ「警察行動」であると「偽りの説明」をしていたことも、公開された日米事前協議に関する文書から、初めてわかりました。
 今回の国防講座では、日本の防空についての第一人者である佐藤顧問に、返還交渉当時、戦闘機パイロットや操縦教官として航空自衛隊の第一線で活躍し、沖縄返還後は南西航空混成団(那覇基地)司令を務めた体験などを交えて、こうした問題について「新たな視点」から分かり易く解説していただきます。
 さらに、来年1月19日に米軍普天間飛行場の辺野古への移設が争点となる名護市長選を控え、混迷を極めつつある沖縄の現状と将来、そして、中国が東シナ海に新たに防空識別圏を設定して、緊張が高まりつつある今、そして将来における我が国の防空体制のあるべき姿などについてもお話いただきます。

 脱線転覆を交え、大人気の佐藤節が唸ります。どうぞご期待下さい。

演 題:防空識別圏問題と南西諸島の防空 ~沖縄返還時の外交文書公開に思う~

日 時:平成26年1月25日(土)12:30開場、13:00開演(15:30終了予定)

場 所:靖国会館 2階 偕行の間(東西線、半蔵門線、都営新宿線:九段下駅1番出口)

講 師:佐藤 守(日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将)

参加費:1,000円 (会員は500円、高校生以下無料)

お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp FAX 03-3389-6278
    件名「国防講座」にてご連絡ください。なお事前申込みがなくても当日受付けます。

佐藤守氏は田母神さんの先輩に当たります。
この方のお話は大変面白いですよ。一度聞いてみてください。

名古屋でも開催されます。
第134回街宣活動in名古屋のお知らせ

日頃から当会をご支援いただきありがとうございます。
名城住宅跡地売却反対の署名活動・チラシ配布と来月の犬山春節祭抗議街宣を合わせて行います。
今回は大曽根にて名城住宅跡地売却問題を風化させないためにも地元の方々に再度 訴えていきます。
お時間のある方は是非ご参加下さい。

【日 時】 1月25日(土)1400~16:00 小雨決行

【場 所】 名古屋市東区 名鉄大曽根駅(JR乗り入れ) 西口広場 バスターミナル付近
               (地下鉄名城線大曽根駅3番出口近く)   

【主 催】 頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部
      中国への名城住宅跡地売却に反対する会

【当日責任者】 吉川 090-3303-2041

*******************************************************

群馬でも行われます。
【群馬県前橋市】 1/25(土)、26日(日) 「捏造従軍慰安婦パネル展」 in 前橋
【日 時】 1月25日(土)、13時~18時、
        1月26日(日)、9時~17時
【会 場】 前橋プラザ元気21・ホール
       群馬県前橋市本町二丁目12番1号 駐車場有
       前橋駅より徒歩10分
http://www.city.maebashi.gunma.jp/jigyousya/331/338/345/p002588.html

【主 催】 頑張れ日本!全国行動委員会・群馬県支部

【問合先】 寺林 080-6686-2352

このように各地で行われている愛国活動も応援していきましょう。
1521709_618165824916870_273217304_n.jpg

もちろん、田母神さんの応援も忘れてはなりません。
【1月25日(土)アメ横!上野!浅草!有楽町!数寄屋橋!】田母神としお・街頭演説予定!是非お集まり下さい! 東京を守る!東京を育てる! 強く、たくましく、優しい『心のふるさと東京』を!
10:00~ 《徒歩遊説》 アメ横~上野駅公園口
11:00~ 《街頭演説》 上野駅公園口
13:00~ 《街頭演説》 浅草雷門
14:00~ 《徒歩遊説》 仲見世通り~浅草寺境内
16:00~ 《街頭演説》 有楽町日劇前
17:00~ 《街頭演説》 数寄屋橋 数寄屋橋交差点
18:00~ 《街頭演説》 有楽町イトシア前
主催:田母神としお事務所・東京を守り育てる都民の会
お問合せ:TEL 03-6457-5455

皆ができることをできる限り行っていけば大抵のことは何とかなります。
それを信じて頑張っていきましょう。
banner.gif
(ブラッキー)
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/01/25 06:00
コメント:

管理者のみに表示