7/21 領土不法占拠侵略阻止 街宣報告

7,21 g街頭行進
先日東京で行われた、領土不法占拠侵略阻止街宣の報告です。
今回の予定は、午前11時30分から韓国大使館前で、午後1時30分過ぎからはロシア大使館前で、街頭演説と抗議行動。午後3時から六本木の三河台公園で集会。4時から六本木通りを笄(こうがい)公園までデモ行進。午後5時過ぎから8時までは、チャイナ大使館への抗議行動になります。

韓国大使館への街宣開始時には20名ほどでありましたが、時間が進むにつれ少しずつ増え最終的には50名ほどの方が集まりました。
此処では水島さんと赤池先生が街宣を行い、不法占拠や不法滞在、現在の売春婦ビジネスの問題について訴えました。
7.21 韓国前

そして韓国大使館への抗議を行うこととなっていましたが、警察から妨害を受けました。事前の打ち合わせにより5人一組で議活動を行う事になっていましたが、外交上の問題で国旗を掲げるのは一本だけにしてほしいと要請がありました。『ふざけるな!』ですね。その場で何故と聞きましたが現場の人は理由はわかりません。現場管理者である署長からの命令のようです。
このことに対しては、水島さんから表現の自由ならびに国旗国家法案の観点から国会や裁判所に訴えていく事になると話されていました。
おかげで韓国大使館への抗議活動をする時間がなくなりましたので道路を挟んで韓国大使館前を通り、地下鉄で神谷町まで移動します。
7,21 ロシア前

次はロシア大使館です。
こちらから山本へるみ前港区区議が参加されました。
へるみさんはロシア大使館(当時はソ連)への抗議行動みて育ったそうです。
昔から、取られた領地を取り戻せないことに対して憤りを覚えていたとの事、
領土を取り戻さない、国民を取り返さない、国益を護らない議員は必要ない!
私達には売国議員を落とす権利があるし、国士を当選させる力を持っています。
周りの方にも声をかけて広めてください。と訴えました。
こちらでの抗議活動の際には荷物検査まで受けさせられ、国旗は一旗だけ棹に立て残りの人は手で掲げるという変則的は方法で大使館前での抗議を行いました。 
世界中でこれだけ警察に規制されて、抗議行動を行わなければならないのは自由主義国家の中で日本だけでしょうね。警察は私たちの行動をこれだけ規制するのに、官邸前の脱原発デモや、経産省の敷地内でのテント村などは、野放し状態です。一体この違いは、何なのでしょうか。腹が立ちます。

7,21 ロシア前2

7,21 街宣

そして中共大使館への街頭行進です。
松浦さんや三輪さん、小山さんなど数多くの方々が街頭行進前の挨拶を行います。
街頭行進の時には約200名の方が集まり、六本木を囲むように街頭行進を行います。
更新前の一言、頑張れ日本は国会議員などの公的機関に対して行動を呼びかける運動として始まりましたが、いまや最前列で行動する運動となっています。この前の中共国旗を揚げた台湾船が尖閣に近づいた件もそうですが、今までの抗議活動に対する圧力が通じなくなっているので相当脅威に思われているとの事です。草の根国民行動組織皆で頑張っていきましょう。
7,21 街頭行進

特に妨害もなく、街頭行進が終了しました。やはり昔と違いチラシを受け取ってくれる人、見てくれる人が多くなっていると思います。
此処から中共大使館への抗議活動へと移りますが、私は用事がありますので此処で終了。

 韓国大使館は四谷警察署で、ロシア・チャイナ大使館は、麻布警察署の管轄であり、両方とも同じ対応ということは、所轄レベルの判断ではなく、上層部である警視庁の意向が反映しているのでしょう。大使館への国民の抗議行動になぜそこまで神経質になるのか、まったく理解できません。三島由紀夫先生が言われていましたが「警察は政体を守り、軍隊は国体を守る」という言葉を思い出させるような事態でした。

以上、お疲れ様でした。

(ブラッキー)
スポンサーサイト
街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/07/23 07:19
コメント:

管理者のみに表示