日本を貶めるだけの政治屋は必要ありません。

先日、民主党のクイズ王である小西が安倍総理の事をヒトラーに例えて批判しました。
このことに対して赤池先生が批判し撤回を求めました。
赤池議員

民主党の「ナチスの手口」発言を許さず!!
 2月26日(水)の参議院憲法審査会での民主党の小西洋之議員(千葉県選挙区選出)の集団的自衛権の憲法解釈変更を「ナチスの手口」と批判しました。さらに、それを擁護したのが、社民党の福島みずほ議員です。その場で批判し、撤回を求めました。今後、会議録を精査して、発言の取り消しを求めていきたいと思います。
 日本のおかれた国際情勢を理解せず、反日国家を利するような方々が、国民代表として議席を得ています。このような反日分子とは、徹底的に戦っていきます。

憲法解釈変更は「ナチスの手口」 民主・小西氏の指摘に自民が猛反発
 民主党の小西洋之氏が参院憲法審査会で憲法解釈変更によって集団的自衛権の行使容認を目指す安倍晋三首相を「ナチス」に例えて批判し、審議が紛糾したことが27日、分かった。
 小西氏は26日に開かれた審査会で「憲法9条をどう頑張ってみても解釈変更の余地すらない。(解釈変更は)憲法規範の存立に関わる問題だ。ワイマール憲法があっても世界史に例のない人権弾圧、蹂躙を繰り広げたナチスの手口そのものだ」と批判した。
 これに対し自民党の赤池誠章氏は「ヒトラーと結びつけて首相を批判することは取り消していただきたい」と反発したが、小西氏は「首相とヒトラーを同一視する趣旨の発言は一切していない」と発言撤回を拒否。小坂憲次会長(自民)が「個別の応酬もある程度の枠の中でお願いしたい」と議論を引き取った。
 小西氏は昨年3月の参院予算委員会で、首相に憲法の条文に関する細かい質問を繰り返し、首相から「クイズのような質問は生産的ではない」とたしなめられた過去がある

民主党は集団的自衛権に対して否定的ですね。
なぜ否定的なのでしょうか?
その考えの一端を福島瑞穂容疑者の発言から考えてみます。

一部抜粋
福島みずほ
「なぜ集団的自衛権の行使、憲法九条は平和主義を規定しています。
九条から他国防衛の為に武力行使することができるっていうのは、なぜ導かれるんですか。
自民党は今までそんなことは出来ないって言ってきたんですよ。
そして明文改憲しなければ出来ないって言ってきたんですよ。
私は明文改憲に反対ですが、手続きを踏まなければ!憲法を!勝手に!勝手に
行政が!内閣が!総理大臣が変えられたら憲法は無意味になりますよ。
憲法九条が無意味になりますよ!日本国憲法殺人事件。総理のクーデターじゃないですか!」

憲法は人だったんだ~
憲法は変えることが出来るものです。全く変更できないものと考える方がおかしいと思いませんか?

九条のために国家があるのです!
九条を守るためなら国土も国民の命もいらないのです!
九条こそがすべてなのです!
九条マンセー!

冗談は置いて於いて、これが彼ら反日分子の考えの一端です。
それほどまでに日本が自主防衛をすることを拒むのはなぜなのでしょうか?
戦争はみんな嫌いです。好きなのはアメリカや中共などです。
集団的自衛権は意見ではありません。自衛権は国が自立するために必要な事です。
憲法解釈など不要、必要なことをきちんと必要なだけ行っていく必要があります。
反日分子が認めていないだけです。国民のほとんどはそのことを知っています。
もし自衛もできないのであれば憲法九条を破棄し、自主憲法を制定すべきなのです。
九条を護ろうしている人間はそれほどまでに戦争をしたいのでしょうか?
周辺有事の際に日本が何もしなければ日本がなくなります。戦争に参加しなければ平和であるというのはまやかしです。
その際には好き、嫌いを問わず巻き込まれます。

このような会が発足したそうです。
「戦争をさせない1000人委員会」発足 学者・作家ら
 解釈改憲によって日本を戦争に参加できる国にしようとする動きを止めようと呼びかけ、憲法学者や作家らが4日、「戦争をさせない1000人委員会」を発足させた。安倍政権の解釈改憲による集団的自衛権行使容認の阻止をめざし、全国に賛同人を募る。
 4日は国会内で発起人らが発足集会や記者会見を開いた。憲法学者の奥平康弘・東京大名誉教授は「集団的自衛権の容認とは、日本が米国の手足となり戦争に参加できる国にすること。内閣の解釈だけで憲法9条をないがしろにできる解釈改憲を阻止しなければならない」と呼びかけた。
 作家の佐高信さんは「集団的自衛権を容認すれば、日本の『自衛』は他の国も守る『他衛』に変わり、米国の戦争に参加する義務を負う」と指摘した。作家の落合恵子さんは「日本は世界の平和に貢献する国となるべきなのに、武器を輸出し戦争ができる国になろうとしている。次の世代に『戦争が嫌ならどうして止めなかったの』と問われかねない。自分の存在のほとんどをかけて反対と言いたい」と話した。


此処でも憲法九条ですね。この憲法は変えなければなりません。
必要ない憲法、占領下にアメリカから押し付けられた物です。
日本人が不要と思えば少数の人間が必要と言っても不要なのです。
現在、憲法の改憲を行おうとしています。この流れはなくしてはなりません。
きちんと議論し憲法を変えていきましょう。
1798422_500447620066750_404745832_n.jpg
福島瑞穂は何処の国の国会議員なのでしょうね。
日本人の生命を護り安全を確保するための法案に賛成できないのであれば必要ありません。
政府はそのためにあるのです。私たちはきちんと日本を考える政治家を国会に送っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2014/03/10 06:00
コメント:
9条はどこの国のため?
 戦争をさせない1000人委員会・・・?!
 ここにも主語がありません。
 彼らは日本を主語にしたいがそうするとあまりにも利敵性を曝す事になると考えたのでしょうね。
 もし本当に戦争をさせないと言うのなら現実に軍事行動と軍事恫喝を続けている周辺国をこそ名指しすべきではありませんか?
 “日本に戦争をさせない・・・”
 “そうだ!そうすれば俺たちは安心して尖閣、沖縄を占領できるぞ!・・・”シナ人民解放軍。
両手両足を縛っちゃえ
みずぽたん、受け入れにくいとても分かりやすい国会質問でした。
途中でTVのスイッチを切りました。
首相もいちいち答えるのが面倒くさくなるのではないでしょうか。
国会議員の質問が子供の「どうして?なんでなの?」というような時間の無駄というか生産的ではないのですね。
飛躍したナチス論と戦争言葉なのだが、彼ら彼女等は戦争を知りませんし人からの言葉だけです。
共産党は宗教と考えている私ですがみずぽたんも信者なのでしょう、立派な!
そんなことよりも党の議席が激減している状況をどう考えているのでしょうか。
言いたいことを言うだけ。反省もしない。
慰安婦問題を20数年前から頑張ってきた○○人のメンタリティそのままなのかなとふっーとため息。

管理者のみに表示