水産資源を護れ!

先日、国際司法裁判所から判決が下され南極海における調査捕鯨は科学的な検証に値しないという事にされました。
日本の調査捕鯨は条約違反 国際司法裁判所
 【ハーグ=宮下日出男】反捕鯨国のオーストラリアが、日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとして中止を求めた訴訟で、国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)のトムカ裁判長は31日、日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」と述べ、条約違反と認定、今後実施しないよう命じた。
 国際司法裁判所は一審制で控訴は認められておらず、日本は判決に従う考え。1987年から続けてきた南極海での調査捕鯨は中止に追い込まれる見込みだ。

なにを根拠に科学的調査ではないという結論を行ったかがわかりませんがIWCの決定により日本は捕鯨を行っていたにすぎません。きちんと国際条約に乗っ取って行っていた捕鯨をたかが二国間の裁判によって廃止することは許されるのでしょうか?よくわかりませんね。
ミンククジラ

そもそも捕鯨を禁止する理由が科学的に見出せないのは周知の事実です。
現在、鯨の数が多くなりすぎていて魚の漁獲量が年々減り続けているという調査報告書も出ておりますし、
ザトウクジラやシロナガスクジラを絶滅の危機に追いやったヨーロッパの国々が牛肉を食わそうとして、観光資源として利己的に伝統的に捕鯨を行っている国に対して捕鯨を行うなという事自体がナンセンスです。
捕鯨の歴史を知っていればそんなことすぐにわかるはずなのですがどうも頭の弱い人間が多いそうですね。
又、食料資源として海からの海産物に依存している日本などでは鯨の肉は重要なたんぱく質です。
牛と違い鯨は自国でとることのできるたんぱく質として貴重なものであり、すべての捕鯨をやめてしまえがもはや鯨を取ることが出来なくなります。
鯨は日本の食文化であり生活の一部となっていたものです。
それを西洋化と言ってなくして良いものではありません。
南極海に増えすぎた鯨についてオーストラリアは責任をとれるのでしょうか?
おそらくとることはありません。
その昔欧米人が積極的に鯨の油をとるために乱獲してきた鯨の責任を取ったことがありますか?
ありませんよね。そもそもの考え方自体が日本人とは異なります。
鯨

日本は自然と共有して生きてきた民族です。
自然に対して感謝の念を抱きつつ、いただいてきた民族です。
ご飯を食べる前の『いただきます』これに代わる言葉は見当たらないそうですね。
『もったいない』に代わる言葉も存在しないそうですね。
いただいた命に感謝して食べる、この感覚を持っている民族はあまりいなのでしょうか?
精神的文化を持っている日本はその考えを持っています。
日本各地では捕鯨でいただいた鯨の慰霊碑はたくさん残っております。
ではオーストリアでは如何でしょうか?アメリカでは如何でしょうか?
自然と協調できない民族はどのように考えているのでしょうか?
繰り返しますが捕鯨は日本の文化であり、食文化です。
一度失えば復活することは相当難しくなります。
それほどまでに外国に支配されたいのでしょうか?
日本は日本独自でエネルギー問題に取り組まなければなりません。
捕獲量

なので商業捕鯨を復活させましょう。
鯨の消費が増えれば商業的にも成り立ちはずです。
日本の文化、伝統を守りましょう。増えすぎた鯨をとっても絶滅しない、鯨が増えすぎて鰯などの魚が減っている科学的データはそろっています。
科学的根拠を見るつもりのないオーストラリアなどに突き付けましょう!
海産物のブームを作り上げた日本がきちんとデータに乗っ取って理論的に捕鯨の重要性を説いていきましょう。
どうせ彼らは大したことは言っていません。今までもかわいそうだから賢いからなどと感情論でしかいうことが出来ていません。
私たち日本は自国で賄える食料の供給量を増やさなければなりません。平原の少ない日本では放牧などには向きません。
なので賄える海産物を使い、きちんと無駄なく消費していくことが大切です。

是非、商業捕鯨を復活させ新しい鯨料理を開発し食べていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
エネルギー | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2014/04/04 06:00
コメント:
No title
 国際司法裁判所の裁判長は小和田恒氏です。
 彼は単にサヨク的というよりも日本を憎んでいるのではないか?日本を解体しようとしているのではないか?と考えている方ではないのか?皇太子妃殿下さえその目的のツールに過ぎないとの見方があるやに聞き及びます。様々な噂話も噂話の間は良いのですが、小和田氏の言説が噂話に奇妙に符合すると“さもありなん”と思ってしまう。
 だから、竹島を提訴することは今は控えるべきだと思うのです。
 真偽は闇の中ですが、最悪を想定して対策を立てる・・・これだと思います。
 反核派が最悪の想定を反核の言い訳に使うのは、科学技術に感情論を持ち込んでいるからであって、闇雲に恐怖を煽っていると思います。
Re: No title
なぜ日本を憎んでいる人がそんなに多いのかものすごく不思議です。
普通に生活していれば不満もそんなになくこの生活を護ろうと考えるのではないのかな?と思います。
私にはわからない価値観ですね。あったこともありません。

管理者のみに表示