人口減少について 官僚の失敗

10258139_384383751699841_6111937196425793174_n.jpg


先日より、外国人移民の受け入れや在日外国人の犯罪率の高さなどについて議論がさまざまなところで行われております。
日本の人口が減っているから、奴隷がほしいからと言って外国人労働者を受け入れるというのは意味が分からないという人が多いと思いますが、本気で考えているのが厚生省などの官僚と言われております。
何故なら、厚生省は頭の悪い企業の圧力を受けて優秀で賃金の安い外国人労働者を早く無制限に受け入れたいとの要望をそのまま実行しているだけとも言われております。
では本当に外国人を受け入れて賃金は安くなるのでしょうか?
まず、賃金というのはその国の社会情勢にて変動します。
物価が高くなればそれに比例して高くなり、デフレ状態であればデフレになります。
日本には労働基準法と呼ばれている法律があり、基本的な賃金は同じ仕事をしていればそれほど差が出来ません。
社長と一般社員の給料の格差も一般的に言われているほど差がなく、一部の企業が高いだけであってトヨタの役員でも2000万~3000万と言われております。一般社員は400万~500万ですね。
海外から労働に来ているトヨタの外国人社員でも400万~500万はもらっており、ほとんど格差は見つけることが出来ません。そんな中、期間工と呼ばれている短期労働者の賃金が安いと問題視されたこともありますが、現在では外国人と日本人との賃金格差はほとんどないと考えても良いでしょう。

外国人を受け入れても賃金は下がらないと考えた方が良いでしょうね。
では、何が問題なのでしょうか?
問題点としては日本人に問題があるように見えますね。危険、汚い、きついこの3Kと呼ばれている仕事をやりたがらない、やらなくても労働市場が開けているので他の仕事で暮らしていけるというのが問題なのでしょうね。
一般的に年収300万以下が貧困層と言われているそうですが、300万でも十二分に生活は可能です。
家族を養って生活もできますね。ただ単に贅沢は出来ないというだけです。
では、外国人労働者の問題は何がいけないのでしょうか?
ひとえに育ってきた文化が異なるという点において問題ですね。
日本では犯罪行為、ルール違反でも海外では適法、問題ないとなることがいろいろとあります。
現在の犯罪率でも低下はしておりますが、外国人犯罪者の比率は大変高くなっており、ある地域では社会問題になっていることが良くあります。
時々、日本に来る外国人は基本的に知識レベルが高いから大丈夫という人がおりますが、実際に犯罪を起こしているのは大学を出ていない人間が多いことに加え、知的犯罪も多くなってきております。
そのような犯罪者を多く受け入れることが良いことなのでしょうか?
それでも各種マスメディアなどでは移民を受け入れないと日本がダメになると報道します。

何がダメになるのでしょうか?経済活動が停滞するという事でしょうか?日本の文化が無くなってしまう事の方が問題でしょう。
そのことを知ってか知らずか日本政府の有識者会議がこのような報告書を提示しました。
日本政府の有識者会議が人口維持へ提言=毎年20万人の移民受け入れは盛り込まれず
2014年5月13日、日本政府の有識者会議は、日本経済の持続的な成長に向けた課題をまとめた中間報告書を公表。深刻化する少子高齢化問題を受け、政府として初となる人口に関する具体的な数値目標を提示する見通しだ。14日付で人民網が伝えた。
現在、日本の人口は1億2730万人だが、国立社会保障・人口問題研究所は、このままいくと2048年には1億人を下回り、2060年には8674万人にまで減少すると推測している。また、2013年に25.1%だった65歳以上の高齢者の割合も、2060年には39.9%に拡大する見通しだ。
 中間報告書によると、2030年までに出生率を2.07まで回復させ、この水準を保つことができれば、2060年まで1億545万人程度を維持することができる。また、65歳以上の高齢者の割合も33%以下に抑えることができる。
報告書ではさらにこの目標に応じた措置も提言。出産・子育てに関する予算の倍増により補助を充実させると同時に、女性の就労支援を強化し出産を促すことや、高齢者の社会保障拡大により高齢者の就労を促進し、労働力不足の問題を改善することを求めている。
このほか、海外の優秀な人材の受け入れも労働人口を確保する措置の1つだが、先ごろ提案された毎年20万人の移民受け入れに関しては盛り込まれなかった。(翻訳・編集/藤)


中共の新聞というのが笑えないところですね。日本の新聞社は何を見ているのでしょうか?
結局のところ、若い人間に子供を産んでもらわないといけないという事でしょうね。
子供を産んで教育をする、これは戦争を行う事よりも難しいことだと考えます。
破壊するのは一瞬ですが、作り上げるのには長い時間と労力が必要です。
移民を受け入れて一時的に人口が増えても日本が豊かになるという事にはつながりません。
ヨーロッパを見てもらえればわかると思います。スウェーデン等の北欧、イギリス、フランスいろいろな国で移民の問題が起きております。ドイツでは外国人が行う事の出来る労働と国民が出来る労働が完全に区別されており、貧富の差が相当生まれております。唯一移民が作ったの国であるアメリカが成功したモデルケースと言われておりますが、職業の自由がない分野が結構多く、元々の所得水準によって働ける場所が決まってくるという超格差社会です。
どの国も成功していない移民政策は国民にも受け入れられていません。
1899965_256140771223842_476406692_n.jpg

時々やり玉に挙がっている年金問題や税金問題も人口の問題と密接にかかわっています。
年金問題で消えた年金というのがあったと思いますが、その件ではなく一人頭で支えなければならないご老人の人数が増えてきているという問題があります。単純に労働者の数が減って老人が増えればそのようになることでしょう。
そのことが分かっていて有効な手立てを立てれずに男女共同参加などという出生率を下げるような政策を行っていれば問題が解決しないことはわかるはずです。
しかし、厚生省はそれを止めることがありません。それが一番の問題なのでしょうね。
税金もそうです。税金を納める人が減れば税収が減るのは当たり前です。それを消費税の増税によって補てんしようとすれば子育てに負担が増え子供が少なくなるのは見えています。
きちんと各省庁は少子化対策の対応を取っていかなくてはならないと考えます。
きちんと子育て出来る社会を考えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

P.S
と言っても私はまだ結婚して居ません。
スポンサーサイト
国防 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2014/05/21 06:00
コメント:
ご安心ください
日本の子供、若者は育っております
汚い奴とか
おちゃらけが目立つだけです
まとも、しっかりは見えにくいものです
畑仕事で爪に土を詰め収穫をしていますし
風に身を晒しコンバインを動かす若者もいます
鮑漁は冷たい海水の中で行われ
みんな働く喜びを噛みしめております
やるこたあ(チョメチョメも)やっています
拙ブログにもドンドン紹介を貼ります
あと、ヒントを頂きましたので
お礼を申しあげます
ありがとうございました。

Re: ご安心ください
ありがとうございます。
マスコミは悪い報道しかしませんので私たちの手で良い報道を行うように努めていきたいですね。

管理者のみに表示