教育問題 心のノート

本年度より道徳の授業に教科書が出来ております。
心のノートと言って素晴らしい教科書と言われております。
子犬を抱く少年
(平成26年5月3日 鹿児島 萬世航空基地跡地、萬世特攻祈念館にて)
道徳とは公共の心であり、過去の偉人の話や文化、伝統に根を生やした日本の歴史を学び自信を取り戻すために教育されるものだと思っております。
昔、私が受けた道徳の授業では同和問題についての差別が昔ありましたよという話を聞いた覚えがありますが、その差別自体はもはや昔の事であり現在は行われていないと学んだ覚えがあります。
しかし、大人になってわかりましたが同和問題は別の一般人への差別問題として同和利権が絡んでおり、教育された内容とは全く異なるものでありました。

現在の道徳教育については文部科学省がページを設けております。
道徳教育
こちらには心のノートの活用方法なども記載されており、学校で、家庭で行える教育方法なども例として載っております。

その昔、民主党の支援団体である日教組がこの心のノートを問題視して廃止に向けて注力したことがありました。
その結果かわかりませんが道徳教育の時間にちがう教育を行ったり、心のノートを使用するお願いしか出来ず、副読本扱いされ、教師が用意し資料での教育も行われていることがありました。
幸い、自民党政権に戻りそのような事はなくなったと聞いていますが、別の問題も浮上してきています。
こちら赤池先生からの転載です。

赤池まさあき

小中学校の道徳の時間 調査のお願い
 下村博文文部科学大臣から、以下のような調査のお願いがありました。私も、大臣から直接話を聞いております。
 実は、同様のケースは、私の出身である山梨県でも起こっています。週一時間で子供たちが忘れるからという理由で、学校で道徳教材が保管されています。保管だけでなく、本当に学校で教材が使用されているどうかも、疑問が残るところです。
 ぜひ皆様方の子弟やお孫さん、親戚、近所で、道徳の教材を家庭に持ち帰っているか。週一時間の道徳の時間で、道徳教材が使用されて、授業が行われているか。
 ぜひお知らせください。

下村大臣

調査のお願い
四月より小中学校において、道徳の時間、新しい教材として「私たちの道徳」というこれまでにない充実したものを作成し配布しています。ところが、児童生徒に他の教科書のように家に持ち帰らせず、学校に置きっ放しにさせている学校があることが判明しました。是非保護者にも読んで頂きたと考えています。子供たちが、きちんと家に持ち帰っているか調べて頂きたとお願いします。そうでないところは文科省として指導したいと思います。


文部科学省のページにあるように家庭でも読んでおくように推奨されております。
その心のノートを学校で保管するという事は学校の授業中しか見る機会がないという事でして、内容が頭に入らない可能性が十分に高いものだと思います。

一度は民主党政権での事業仕訳という政治パフォーマンスにて消えそうになった心のノートですが、きちんと使っていきたいものです。
現在、反日勢力は沖縄にて反基地運動を繰り広げております。
10268603_510866115686722_8872029757050982097_n.jpg

沖縄における反日勢力はかなりの数に上っており、そのほとんどが元公務員の自治労であるそうです。
そして、日教組の人間もその中に加わっているようです。
この状況を打開して日本が素晴らしい道徳国家になれるようにしていきたいものです。
昔の日本人は自国に誇りを持った素晴らしい方々でした。
自分の行動にきちんと責任を持って対応できる人間がほとんどであり、そうした人間を育てるのが教育の原点でした。
しかし、現代ではお金を傘ぐことを第一義として歪な人間が、他人の事を思いやまない人間が多くなっております。
そのようになった原因はいろいろとありますが、日本が負けた国であり、それだけ世界から驚異的な社会を築いていたことにほかなりません。
1613965_1485068781721350_1539229750171413848_n.jpg

日本では肉体の強さと同じくらいに精神の強さを重視してきました。
日頃から鍛錬を重ねて強くなるためにもバランス感覚が必要ともされてきました。
現在は財力だけで心の力と戦う力を失いつつある我が日本において心の力=道徳心、公共心を育てることは大変重要な事です。

権利権利だけの主張することは止めましょう。
きちんと自分の事を自分でできるようになって周りを助けることが出来る大人となり、きちんと違うものは違うとして訴えていける人間となりましょう。
それが教育の原点ではないでしょうか?
きちんとした大人になる、どの国でも同じです。
ただ単に大人の定義が異なるだけです。
日本では自分の力だけで生活できるだけが大人になるという事にはなりません。
それに加えて他を思いやる心を持った人間であって初めて大人として一人前になるのです。
皆で頑張っていきましょう。これからも日々勉強が大切です。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2014/05/26 06:00
コメント:
No title
 このモーターボートレースのコマーシャルを挿入した意図について、ご説明を求めます。
 いささか唐突でもあり、私企業で行われる賭博の正当性と国連の下部組織に金が流れる構図には、かなり訝しさを感じておりますので・・・。
Re: 気になる箇所がありました
そうですね。
いろいろと考えて使い分けているのですが、時々混同しています。
善処しますので宜しくお願いします。

管理者のみに表示