自衛隊の職務

先日、南シナ海にて自衛隊の警戒機に中共の戦闘機が近づくという事件が発生しました。
中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近
10350438_282688705245425_8028500921095473005_n.jpg

東シナ海の日中中間線付近で24日、監視飛行中の自衛隊機に中国の戦闘機が相次いで近づき、一時、30メートルから50メートルまで接近しました。
防衛省によりますと、中国機が100メートルを切る異常な近さで自衛隊機に接近するのは初めてだということです。
防衛省によりますと、24日午前11時ごろ海上自衛隊のOP3C画像データ収集機が東シナ海の日中中間線付近で監視飛行していたところ、中国軍の戦闘機が後ろから追い抜くように接近したということです。
さらに正午ごろには、ほぼ同じ空域で監視飛行していた航空自衛隊のYS11電子測定機に対しても、中国軍の戦闘機が追い抜くように接近したということです。
接近したのは中国軍のSu27戦闘機で、OP3Cに対してはおよそ50メートル、YS11に対してはおよそ30メートルまで近づいたということです。
防衛省によりますと、中国機が100メートルを切る異常な近さで自衛隊機に接近するのは初めてだということです。
自衛隊が撮影した写真では、中国機の翼の下に、白いミサイルのようなものが確認できます。
防衛省によりますと、自衛隊機への被害はないということです。
関係者によりますと、自衛隊の2機は、中国海軍とロシア海軍が東シナ海で行っている合同演習などを監視するため飛行していたということです。
現場は日本と中国の防空識別圏が重なる空域で、防衛省によりますと、中国機による無線での警告などはなかったということです。

「危険な行為」と中国側に申し入れ
小野寺防衛大臣は、「偶発的事故の発生につながりかねない危険な行為であったと認識しており、政府として、外交ルートを通じて中国側に申し入れを行った。わが国の領土、領海、領空を断固として守り抜くため、今後も警戒監視活動に万全を期していく。また、日中の防衛当局間で、海上での安全確保について話し合うことは重要で、不測の事態を回避するためにも、海上連絡メカニズムの早期の運用開始を目指して、中国側に働きかけていく」というコメントを出しました。

東シナ海で緊張高める動きも
東シナ海では、去年1月、中国海軍の艦艇が日本の護衛艦などに射撃管制レーダーを照射し、11月には、中国が尖閣諸島を含む広い空域に防空識別圏を設定するなど、緊張を高める動きが出ています。
また、日中間の不測の事態を回避する取り組みは、おととし6月、日中の防衛当局間で、ホットラインの設置や、現場部隊どうしが交信できる無線チャンネルの設定などで合意したものの、その後の日本政府による尖閣諸島の国有化以降、進展していません。
一方で、先月、海上自衛隊と中国海軍など太平洋地域の各国海軍は、相手の艦艇に射撃管制レーダーを照射するといった行為を避けるなどとした、不測の事態を回避するための行動基準を定め、合意していました。

30mというと相手の顔が見えてもおかしくありません。
飛行機の速度は速いので正面からであれば一瞬で追突します。
こちらは警戒機であり、相手がsu-27戦闘機であるので相手の方がスピードや運動性能が高いことは明らかであり、
相手が近付いてこない限り日本機が追いつくことはできません。
日本が集団的自衛権の議論を行っている中、きちんと自衛隊が反撃できるように警戒心を持たせようとしている中共からの援護射撃なのでしょうか!うんなわけないですね。

おそらく、向こうからの心理攻撃ではないかと思います。
ワザワザ、スクランブルの範囲を設定しても自衛隊機が警戒しており、中共の飛行機が全く飛ばない事態に嫌気がさし、自分たちも飛ばしているという意思を見せつけるために行ったものだと思われます。
中共との戦争は始まっているとみてよいでしょう。
銃弾を打つのが戦争と思っている方が多いですが、最初は情報戦であり、心理戦でもあります。
又、貿易の制限や現地法人への嫌がらせも戦争の前哨戦です。
そのことを知らない人はきちんと歴史を学び、何故大東亜戦争を行われたか、何故第二次世界大戦が行われたか考えてみた方がよいですね。
鉄砲を打つのが戦争ではありません。戦争は外交交渉から始まり、それでも決着つかない場合の最終手段として実力にて強引に従わせる所謂外交交渉の一種です。
口でかなわなければ歯ではむかう、これが世界で行われている外交交渉です。
すなわち、武力を背景に行っていない外交は勝てる要素がなく、むしろ良くて引き分けが精いっぱいなのです。
日本ではその役目を自衛隊にゆだねておりますが、GHQが作った憲法により制限されております。
その憲法は改正してきちんと守れるように頑張っていきましょう。

さて、先日ベトナムの首相が重要な発言をなさいました。
「従属の平和・友好はいらない」ベトナム首相
 「ベトナムは常に平和と友好を望んでいるが、それは独立、自主性、主権、領土・海域の完全性の保障に基づくもので、空想の、何かに従属した平和や友好を得るために、この神聖なものを引き換えにはしない」
――南シナ海情勢とベトナムの対策に関するAP通信とロイター通信の取材に対し、Nguyen Tan Dung首相はこう答えた。
 国際法に基づき中国を提訴、または軍事手段による緊張解決を図るかという質問に対しDung首相は、侵略戦争から多くの喪失の痛みに耐えてきたベトナムは、国の建設・発展に、平和と友好を切望しているとし、ベトナムが一方的に軍事手段を講じることはなく、自衛を余儀なくされた場合を除き軍事衝突を仕掛けることもないとした。
 首相は、ベトナムは常に平和的手段を用いることで一貫しており、平和的な現状解決に向けあらゆる機会と対話チャネルを活用すると強調、ベトナムは、誠心誠意、善意を持って抑制に努めているが、現在の答えとして中国は日増しに力、また示威行動を強め、ベトナムを中傷、責任転嫁し続けているとした。また中国の行為は発言と大きな差があるとし、ベトナム海域における中国の行為は極めて危険で、地域と世界の平和、安定、安全保障、航行の安全・自由、協力、発展を深刻に脅かすものとした。
 首相は、ベトナムおよび各国は、国際法に基づく法的措置を含む自衛のための対策を検討しているとし、他国に抗うためにいかなる軍事同盟にも加盟しないことは、ベトナムの一貫した外交政策だと述べている。


哀しいかな、日本は自立した独立国家とは言えないのかもしれません。
アメリカの配下として世界では見られています。これこそ戦後体制なのでしょうね。
それからの脱却に向けてきちんと自衛隊を国軍として整備し、自分の国は自分で守れるような体制を構築していきましょう。
時間はありません。幸い、安倍政権がそれに向けて駒を進めています。我々も援護して自衛隊を国軍にしましょう。

話変わりますが、金沢では陸海空自衛隊がパレードが行われたそうですね。
17Z20140524GZ0JPG0004420010.jpg

陸海空自衛隊がパレード
金沢市内に装甲車やヘリ
 パレードする陸上自衛隊金沢駐屯地の隊員ら=24日午前、金沢市    陸上自衛隊金沢駐屯地(金沢市)の第14普通科連隊は24日、創立60周年を記念し、市内中心部をパレードした。同連隊の他に各地から陸自6部隊、海自2部隊、空自2部隊が集まり、計約350人が参加した。パレードでは制服姿や、銃武装した迷彩服姿、災害派遣装備の隊員が兼六園近くの大通り約250mを行進。軽装甲機動車や化学防護車など25両前後が走行し、陸海空各自衛隊に所属するヘリコプターも低空を飛行した。

心強い行進のようです。国民は自衛隊の活動に賛同しています。
沿道を見てもらえればわかります。多くの方々が見学に来ております。
もし、中共での人民解放軍のように恐れられているのであればこんなにのんきに見学には来れません。
現場にはある一定の緊張感が漂う事でしょう。
しかし、写真を見る限り誰もが笑っております。平和な行進という証でしょうね。

今年は主権回復してから60年を経た年になります。
その年に航空祭が行われるようです。
自衛隊60周年記念航空観閲式、10月26日に開催が決定
防衛省は2014(平成26)年度の自衛隊記念日記念行事の開催日程を発表しました。このうち、「防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式」は10月26日(日)に百里基地で開催されます。この催しは事前公開が記念日行事の前日、10月25日(土)に開催されます。2日間とも例年、関係者以外の入場はできません。今年度の開催で航空観閲式としては第7回となります。
ブルーインパルスのイベント予定の発表では、観閲式の日程は未定としていましたが参加は発表されています。
このほか、体験飛行は10月4日に航空自衛隊松島基地、入間基地、小松基地、新田原基地での開催なども発表されています。

詳しくは以下の通りです。
■2014年度 自衛隊記念日記念行事 開催日程
体験飛行 10月4日(土):松島基地、入間基地、小松基地、新田原基地
追悼式 10月25日(土):防衛省慰霊碑地区
感謝状贈呈式 10月25日(土):都内
防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式 10月26日(日):航空自衛隊百里基地
防衛省・自衛隊60周年記念音楽まつり 11月13日(木)、11月14日(金)、11月15日(土):日本武道館
防衛省・自衛隊60周年記念式典 日程別途:防衛省市ヶ谷庁舎A棟2階講堂
防衛省・自衛隊60周年記念祝賀レセプション 日程別途:都内

ブルーインパレスが都内を飛行するかもしれませんね。
自衛隊から国軍へ変わる節目にふさわしい式典になればいいと思います。

これからも自衛隊を応援していきましょう。

自衛隊が私たちを護るように私たちが自衛隊を護り、育てるのです。
頑張っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/05/28 06:00
コメント:

管理者のみに表示