8/6 広島平和ミーティング 「ヒロシマの平和」は本当か 田母神閣下

.
続きまして、田母神閣下の講演に移ります。

86田簿神


先ずはキャッチフレーズ(笑)の『危険人物田母神です』から始まります。
日本を良い国と言うと公務員は首になるそうです。

さて、現在の世界状況ですが、日本がつぶれるときには全世界の経済がつぶれます。
国際市場は資源の分捕り合戦なのですが、日本は情報戦略で負けています。情報戦争から日本を護ることは日本の権益を護ることであり、それが自分の国は自分で護るということにつながります。

日本には言論の自由がなく、公に日本のことを辱める言葉には制限がありませんが、褒め称える表現を行うことは出来ません。現在の私がそうです。今の政権:民主党政権は左翼により支えられている政権であり、其の体制が崩壊しようとしています。
又、日本の良いところはアメリカとの年次要求書により潰されてきています。現に年次要求書による改革によってよくなった項目はありますでしょうか?年次要求書は1994年から始まっておりそれからの生活は如何でしょうか?

冷戦後のアメリカの脅威は日本とドイツの経済力という報告書があります。
GDPはこの二十年伸びないところか寧ろ減っています。
これを立て直すためには軍事バランスを保ち、情報戦に勝つことが必要です。

アメリカ軍はアメリカの国益の為に活動をしており、其の為日本に駐留しています。日米安保は無条件に日本を護る条約ではありません。日本が動いて初めて発動する条約です。
又、大統領の権限では二ヶ月間しか軍隊を送ることが出来ません。
それ以降の行動はアメリカ議会の承認が必要です。

日本の国益の為にアメリカ人だけが血を流すことはないでしょう。
アメリカは大東亜戦争を含め40年間で日本を潰し、冷戦にて40年掛けてソ連を潰しました。
その後、日本とドイツの経済力を40年掛けて潰そうとしています。
其の為に年次要求書なのでしょうね。
拒否しようとしてもアメリカの軍隊に護って貰っている手前公に拒否しにくいのが現状です。
アメリカは日本を自立させることはないでしょう。其の為の9条かもしれません。

日米安保は抑止力の為だけにある条約なのです。
北朝鮮のミサイルは政治的な意味はあれど軍事的な意味はまったくありません。世界を見るとあちらこちらでミサイルを発射していますがただの軍事演習であるためまったく注目を浴びません。
現在のMD体制であれば10発くらいのミサイルであれば打ち落とせるでしょう。

よく相手の挑発に乗ると戦争になるという話をされる人がいますが、これはまったくのでたらめです。強行に反対すれば戦争は起きません。日本が徹底的に反撃しないので相手に付け込まれているだけです。日本の態度が物事を大きくしています。朝鮮を見てください、良く中共の違法漁船を拿捕、銃撃していますが日常の事で大きな話題になりません。日本も国際法で動き他の国とそん色ない行動を行えばよいのです。
日本の詐欺師たち(マスゴミ等)の話に乗ってはいけません。

乗ることは情報戦に負けているということです。
そのような紛争(戦争になりえない戦い)をきちんと処理するために軍事費は3%ぐらいまであげる必要があります。
前にも言いましたがアメリカは日本を自立させたくありません。其の為、アメリカの軍備を使わせています。軍備は国産でなくては有事に対応できません。国産にするということは国産の武器の輸出が出来る様にならないと産業として成り立たないでしょう。

ちなみに、核爆弾は先制攻撃用の武器ではなく防御用の抑止力を持たせるための武器です。
又、国際社会は核武装した国家により運営されています。そして其の国家の権益を護るための条約が核非拡散条約です。

さて、日本はデフレ不況の中インフレ対策を行っています。
緊縮経済を行っていることから市場に回っているお金が少なくなっています。なので日本は積極経済に切り替える必要があります。

端的に言えば、国債を発行して日銀に買わせ市場にお金が回るようにする。このことが必要です。良く国の借金が1000兆円といわれていますが、これは政府の借金であり其のほとんどが国民の財産です。

此処で帰る時間となってしまいました。
最後まで聞けずに残念です。

86花

お疲れ様でした。

(ブラッキー)
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/08/12 06:25
コメント:

管理者のみに表示