天安門事件 二十五年がたちました。

wikipediaTianasquare.jpg

天安門事件、南京事件とは違い実際に行われた住民の虐殺事件です。
当時、中共の指導者は人民の命など全くお構いなしに政治を動かしており、改革路線の中間点であったとみることが出来ます。
改革開放により経済の自由化などが活性化され、今までその地方にとらわれていた人々が自由に移動し、経済活動が活発化したことによる経済の発達、それに伴う官僚の腐敗の影響とも言われております。
当時、中共では経済の過熱からインフレが発生しており、その元凶となった腐敗役人の追放が盛んに言われておりました。
そして、その役人たちの追放から民主主義への要求修代也、共産党の一党支配に反発、議会制民主主義及び三権分立を求める声が高まっていました。

1989年の4月よりその運動は活発化し、約100万人とも言われる人々が天安門に集まったとされます。
しかし、共産党政権は自分たちの利権の範囲でしか自由を認めないで弾圧を命じたそうです。
6月3日の夜から4日にかけて軍隊が制圧を行い、住民を虐殺、おびただしい数の犠牲者が発生したとの事
この事件をきっかけに、鄧小平は経済の引き締めに取り掛かり、インフレを終息させることを優先したために、経済活動は一時停滞しました。
しかし、その後の政策により1992年より中共の私財は一気に増えていったと言われております。
それは人民を犠牲にして中共の経済発展を成し遂げた共産党政権の実力だったのか、残虐さだったのかはわかりません。
しかし、世界は忘れていません。
世界最大の人民虐殺事件である天安門事件、これは自由と平和を愛する諸国民の敵であると同時に、世界秩序への朝鮮ともいえる行為でした。
そのことに対して抗議集会が東京で開かれます。
【6月4日】天安門事件25周年東京集会 : 共催 アジア自由民主連帯協議会
 あの衝撃の天安門事件〔1989年6月4日〕から四半世紀。ことしは世界各地で中国共産党の凶暴な独裁政治を糾弾し、自由・民主・法治・人権をもとめる集会が開催されます。
 東京でも有志あいつどい、中国人留学生の民主活動家とともに、おなじく弾圧の悲哀に苦しむウィグル、チベット、蒙古、旧満州。そして独立を封じ込められている台湾の闘士、中国の海洋侵略に立ち向かうフィリピン、ベトナムから代表をまねいて大集会が開催されます!
10177962_459620137517484_6761339460899266029_n.jpg

とき 6月4日〔水〕午後6時~8時15分(午後5時半開場)
ところ アルカディア市ヶ谷 三階大ホール(JR・メトロ「市ヶ谷」徒歩三分)
http://www.jstc.jp/map/kenshu-mapARCADIA.html

入場(会場分担金):
おひとり1000円 (外国人留学生と学生は無料。ID提示)どなたでも、予約なしでご参加いただけます!

主催
「天安門事件二十五周年 東京集会」実行委員会」
呼びかけ人 黄文雄、石平、相林、ペマ・ギャルポ、宮崎正弘 水島総

共催
「アジア自由民主連帯協議会」(ペマ・ギャルポ代表)
「頑張れ日本! 全国行動委員会」(田母神俊雄 代表)
「国防問題研究会」(玉川博巳 代表幹事)

プログラム
天安門事件の犠牲者に黙祷
基調講演 石平「私は天安門事件で中国を見限った」
発言 ペマ・ギャルポ(チベット)、イリハム・マハムティ(ウイグル)
相林(中国)、オルホノド・ダイチン(蒙古)、王明理(台湾)、陳破空
フィリピン、ミャンマー、ベトナム代表ほか水島総、藤井厳喜
ゲスト多数。ならびに国会議員挨拶など・

浄財の送り先 郵便振替 00180(6)486092 名義人「天安門事件25周年東京集会」

賛同者(五十音順、敬称略)

浅野和生、阿羅健一、荒木和博、一色正春、井尻千男、井上和彦、伊原吉之助、入江隆則
植田剛彦、潮匡人、梅原克彦、呉 善花、大高美貴、大原康男、岡田英弘、岡崎久彦
小田村四郎、小山和伸、加瀬英明、加地伸行、鍛冶俊樹、門田隆将、加藤康男
川口マーン恵美、河添恵子、川村純彦、工藤美代子、小林 節、小堀桂一郎 酒井信彦
佐々木良昭、佐藤雅美、佐藤 守、澤 英武、新保裕司、杉原志啓、関岡英之、高池勝彦
高森明勅、高山正之、高田純、田久保忠衛、竹本忠雄、田母神俊雄、塚本三郎、堤 堯
頭山興助、富岡幸一郎、中西輝政、中村彰彦、永山英樹、西尾幹二、西村幸祐、花田紀凱
板東忠信、日暮高則、福井雄三、?田 逸、藤井厳喜、馬渕睦夫、三浦小太郎、三橋貴明
宮脇淳子、三輪和雄、宗像隆幸、村松英子、室谷克実、茂木弘道、山内健生、山際澄夫
山口洋一、山田吉彦、山田恵久、山村明義、柚原正敬 渡部昇一、渡辺惣樹、劉燕子
林建良
(5月12日現在。当日までに賛同者はあと数十名ほど増えます〕。

後援
日本ウイグル協会 チベット百人委員会 モンゴル自由連盟党
台湾独立建国連盟、日本ベトナム島嶼会議 日本フィリピン連絡会議準備会
協賛 史実を世界に発信する会、日本文化チャンネル桜 日本李登輝友の会、呉竹会

(趣旨)

 世界に恐怖の衝撃を与えた中国・北京、天安門事件(1989年6月4日)から四半世紀を閲しました。
 多くの犠牲を目撃したのち、中国国内には知識人を軸に「六四再評価」をめぐる論争と政府への要求がおこり、世界中から非難の声があがりましたが、中国共産党は一切の批判を許容せず、ノーベル平和賞の劉暁波ら民主活動家を拘束したまま、また「中国之春」を結成し、「自由・民主・人権・法治」を訴えた王丙章博士を無法な裁判にかけて無期懲役を言い渡し、全世界で澎湃とあがった、これら自由、民主、人権を要求する知識人の釈放要求に耳を貸そうともしません。
 そればかりか中国共産党は民主活動家の弾圧を強化し、問題をすり替えるために「南京大虐殺」などの虚説を政治宣伝に利用し、国民には「天安門事件は外国の陰謀(和平演変)である」と悪質な洗脳教育を続けたままです。全体主義の体質は四半世紀前とまったく変化が見られません。そればかりか国際秩序を守らず、身勝手な自己主張のみを展開して、「これからの世界秩序は中国が決める」と言わんばかりの傲慢な姿勢を示しています。
 中国人民解放軍が保有する核兵器、ミサイルばかりか、海軍の軍拡は周辺諸国に脅威を与え、 あまりの横暴にアジア諸国は一斉にたち上がりました。海洋の安全航海のルール尊重と国際秩序の遵守を中国に要求し、かつ欧米豪など世界各国も同様な要求を中国にしています。
 ところが中国は「挑発しているのは日本であり、フィリピン、ベトナム、マレーシア、インドネシアだ」と逆の政治宣伝を繰り返すばかりで、そこにはいっぺんの誠意もなく、他方で中国国内に目を転ずれば、相変わらずチベット、ウィグル、内蒙古、旧満州で暴力的な弾圧を繰り返し、独立運動を抑圧しています。「中国の夢」を自己中心主義的に獅子吼しても「世界人類の夢」に関しては、一切の言及がありません。これで「平和を希求する」と言えるのでしょうか?
 あの天安門事件での虐殺から四半世紀を経て、中国共産党を糾弾する人々が世界中で立ち上がり、香港には「天安門記念館」がオープンしました。
6月4日にはNY,サンフランシスコ、香港、マドリッド、パリ、台北など世界三十ケ国以上で天安門事件二十五周年の記念集会やデモ行進が開催されます。こうした動きに呼応しつつ日本でも有志が呼びかけ、著名人百名の賛同を得た上で、アジア諸国からの多数の留学生を招いて集会を開催する次第です。
 中国が国際的なルールを遵守し、一日も早く「自由、民主、人権、法治」を尊重する国になることを願い、同時に天安門事件での血の弾圧を猛省することを要求します

天安門事件25周年 東京集会


人として彼らの残虐さを許してはなりません。
私たちは他人の喜びを自分の喜びと出来る事が最大の幸せともいえます。
人から評価されることがうれしいという感情があるのが人間であり、他人に対して優しくできる人が尊敬されるものです。
戦争は悲惨です、弾圧による政策は空しいだけです。
産む喜び得られずに成長する喜びもありません唯略奪の切なさがあるだけです。
後々後悔するのが普通の人間です。
今日の世界は決して平和な状態ではあるとはいえません。明るい面として考えられるのは、世界がより透明化し、多くの人々が事実関係が共有できるようになったことです。
たとえ、先が真っ暗位になっている様に見えてもいずれ明るくなるものです。

元は同じ国であった台湾政府も中共は天安門に向き合うようにと言っています。
中国は天安門事件に向き合え 台湾当局が呼び掛け
 1989年の天安門事件から4日で25年となるのを前に、台湾の中国政策を主管する大陸委員会は3日、事件の不幸な傷痕に向き合い、改革のきっかけにしようと中国当局に呼び掛ける声明を発表した。
 声明は、事件の被害者やその家族に誠意を持って応じることや、人権活動家らの権利を保障することなどを中国に要求。台湾は馬英九政権下の6年余りの対中交流で、民主主義や人権などの普遍的価値観を中国に伝えてきたと強調した上で、中国の努力を促した。


自制できない人間、国は滅びる運命にあります。今までどれだけ多くの国々が滅びてきたことでしょう。
ローマ帝国、モンゴル帝国など拡張を続け、自壊した国はたくさんあります。
人間は自制できるはずです。
第二次世界大戦当時チャップリンがこのような演説を残しています。
異論もあるかもしれませんが、その通りともいえる内容です。

なにが正しいかはわかりませんが信じた道を進んでいきましょう。
自分が誇れる世界を作る為に一生懸命頑張りましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/06/04 06:00
コメント:

管理者のみに表示