河野談合を否定せよ

9d32ec6b-s.jpg

なにかと嘘がばれてしまった河野談合ですが、韓国ではどのように報道されているのでしょうか?
河野談話検証 韓国各紙1面トップで反発「談話に泥」「韓日関係悪化」
 日本政府が従軍慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話の検証報告書を公表したことについて、21日付の韓国各紙は1面トップで報じ、「河野談話に泥を塗る」(朝鮮日報)「強制動員否定の試み」(東亜日報)などと一斉に批判した。
 中央日報は、報告書が河野談話の作成過程で日韓が綿密に文言調整したと明記したことで「談話を政治的な妥協の産物と規定した」と指摘し、「韓日関係がさらに悪化する見通しだ」と伝えた。
 朝鮮日報は「両国間で秘密にすることにした外交的やりとりを公開したのは、外交の慣例を無視した挑発だ」と非難。報告書が「強制連行は確認できない」との日本側の認識に繰り返し触れたことを「事実上、強制性を否定する表現を度々使った」と批判した。(共同)

強制していませんし、奴隷でもありませんでした。ただ単なる追軍売春婦であったというだけの事です。
それをきちんと調べもせずに韓国と談合して作成した河野談合、そしてそれを強化した加藤、国賊ですね。
当時、貧しい家庭が少女を売りに出すことはありました。売春行為自体が適法であったこともあります。
日本でも東北地方なんかでは冷害により作物が取れない年は人身売買があったと言われております。
その状況から古来より朝貢として女性を支那に貢いでいた朝鮮半島が行っていないと考える方がおかしいです。
しかも、そんなに強制的にさせていたのであれば何故他の国のように混血児が存在しないのでしょうか?
白人は各地で混血児を残しております。朝鮮人もライダイハンと言ってベトナムに混血児を残しています。
日本だけがそのような事がなかった。それだけきちんとしており、もし規律を破った人間は処罰されていたという事でしょう。
事実、オランダ人女性に対して売春を強制していた日本人軍人が裁判にかけられ有罪判決となっております。
これは個人的な犯罪ですが、このように奴隷として強制して売春させていた人間を厳しく取り締まっていた証拠ともいえます。
もし、追軍売春婦がキャンプフォロワーが韓国の言うように強制された従軍慰安婦であるのであればその証拠を見してほしいところです。
その証拠の新宿で展示会が行われたそうです。
慰安婦:「日本の良心」WAMが新宿で特別展
 3日午後、東京・新宿の早稲田大学近くにある「女たちの戦争と平和資料館(WAM)」。6階建てビルの2階、広さ115平方メートルほどのオフィスの一角で、小さな展示会が始まった。緊急特別展「アンコール企画! 中学生のための『慰安婦』展」だ。戦争中、旧日本軍が韓国・北朝鮮・台湾・フィリピンなどアジアの各地で慰安婦に対して行った「性犯罪」に関する各種の文書や写真、被害者の証言を集めた。「アンコール」と題しているのは、第1次安倍内閣時代の2007年にも一度、同じ名前の展示会が開かれたからだ。
 池田恵理子館長(63)は「日本国民として、(慰安婦の強制動員を認めて謝罪した)河野談話を『検証』という名目で損なった安倍政権には恥ずかしさを感じる。今回の展示の目的は、慰安婦問題を日本の中学生も理解できるように、できるだけ簡単に説明すること」と語った。日本政府に対抗し、慰安婦強制動員の残虐性を広く伝えるため用意された特別展というだけあって、見学者の制限はない。
 しかしこの日、閉館時刻の午後6時までに展示場を訪れた見学者は、わずか6人だった。ある50代の見学者は、従軍慰安婦に関する写真や公文書を集めたコーナーで、何度も長いため息をついた。この人物は「こんな明白な証拠があるのに、日本政府は慰安婦の強制動員の証拠はないと言っている。そんな政府の下で、知識人や市民団体のメンバーを除き、多くの日本人がこの問題を全く知らずにいる」と語った。11月末まで今回の展示会を続けるというWAM事務局は、週末にもう少し多くの人が訪れることを期待している。
 WAMは、07年以降蓄積された従軍慰安婦関連の資料を準備するなど、今回の特別展にかなり力を入れた。展示会場では、慰安婦の強制動員の真相を示す旧日本軍や慰安婦被害者の証言、軍事裁判の記録、旧日本軍の資料など約2500ページ分の記録を閲覧できる。入り口側には、安倍首相、橋下徹・大阪市長、籾井勝人・NHK会長などのいわゆる「慰安婦妄言」に対し、史料を基に一つ一つ批判する「NHK、安倍首相と慰安婦問題」というコーナーがある。また、最近日本の中学校用教科書から軒並み姿を消した慰安婦の記述に関する「教科書攻撃」コーナーも設けられた。
 池田館長は「慰安婦問題について語るよう誰かに言われたら『今回の特別展を一度見てみなさい』と言う。それが、わたしにできる最高の答え。安倍首相にも、展示室をぜひ一度訪れてほしい」と語った。
 WAMは先月29日までおよそ1年間にわたり、台湾の慰安婦の証言に関する展示会を開いていた。展示会を先月訪れたある大学生は、芳名録にこのような一文を書き残した。「(従軍慰安婦動員の)強制性を示す決定的な証拠が過去の文書に残っています。(中略)被害者の方々のことを真っ先に考えて、その方々を保護することが重要だと思います」
 WAMの入り口には、韓国で慰安婦問題を最初に証言した故キム・ハクスンさんをはじめ、慰安婦として強制動員されたアジア各国の女性155人の写真が展示されている。

d244f281-s.jpg

強制性の証拠となる資料についてですが、きちんと募集と書かれていたり給料が記載されている資料の事ですね。
それしかなかったのです。後は証言しかありません。証拠の文献があったのであればそれを公開すればよいだけの話です。その様なものは一切発表されませんね。
これだけ騒いでいて外部に出せないという事は信ぴょう性が薄い証拠ともいえます。
慰安婦の募集はありました、これは事実です。しかし、強制しておりませんし奴隷でもありません。
貯金をしていた売春婦や宝石を購入していた売春婦が存在していた事実、そして強制させていた人間はきちんと処罰されていた事実をもって日本政府が売春婦を奴隷化させて売春を強制させていたというのは無理がありすぎます。

マスコミが騒ぎたくないのでしょうか?全く報道されておりませんが河野談合の検証をもって正当性は完全に崩れ去っています。これを拡散せずして日本の栄誉を護れるのでしょうか?
何故、各種マスコミがきちんと自分たちで検証しないのか?それが不思議でなりません。
過去の自民党政権を叩くには最高の材料です。

河野談合の検証結果、これをきちんと広めていこうではありませんか。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/07/09 06:00
コメント:

管理者のみに表示