日朝会談が開催されております。

10408643_573132849470491_7609890325630185925_n.jpg

先日より、ミサイルにて挑発を続けている北朝鮮ですが、日本政府は拉致被害者奪還を最重要課題として会談を続けているようです。
そんな中、拉致家族会のこのような声が紹介されております。
「全員帰国」首相の賭け 「だまされぬ」自信示す
「これはスタートでしかない」。安倍晋三首相は3日、北朝鮮に対する制裁の一部解除を決めた関係閣僚会議後、厳しい表情で語った。拉致問題をめぐる日朝交渉は「再開と決裂」の繰り返しだった。拉致問題解決に意欲的な安倍政権に対し、北朝鮮は金正恩第1書記体制に完全に移行した。首相周辺は「今が拉致問題解決の最後のチャンス」とにらむ。それだけに、賭けに出た首相は外務省をはじめ政府関係者に入念な極秘協議を命じていた。

 ◆重ねた極秘協議
 4月12日、愛知県の中部国際空港。外務省の小野啓一・北東アジア課長は、通訳の部下1人を連れ、中国・大連行きの飛行機に乗り込んだ。大連行きの直行便は成田空港からも出ているが、マスコミの目を避けるために出発地を変えた。
 拉致被害者の再調査をめぐり、小野氏は昨年末からベトナム・ハノイや中国・上海などで北朝鮮と極秘に協議を重ねていた。3月末に日朝局長級協議が1年4カ月ぶりに再開してからはほぼ毎週末、接触した。いずれも空港に張り込む報道陣をかいくぐってのことだった。
 極秘協議には金指導部に直結する国家安全保衛部の幹部とみられる人物が参加。「名乗らないが、保衛部の副部長クラスが出てきた」(外務省幹部)ことも、日本が真剣に交渉を続ける裏付けになった。

 ◆北が具体的要望
 複数の日本政府関係者によると、4月以降は、日本が独自に実施している経済制裁が主な議題になった。北朝鮮側は「包括的かつ全面的」な再調査を約束し、その見返りとして「これを解除してほしい」と具体的に要望してくるようになった。
 小野氏が帰国するたび、斎木昭隆外務事務次官らが官邸に報告。首相が自ら北朝鮮の要望の可否を判断していった。この経緯を知る外務省幹部は「再調査実施は年明けの早い段階から既定路線となっていた。極秘協議は北朝鮮側との条件闘争だった」と振り返る。
 北朝鮮は対中関係が悪化。「原油などの貿易量が激変」(政府筋)し、厳しい経済状況に置かれている。このため、日本側には新潟と北朝鮮・元山を結ぶ貨客船「万景峰92」の入港禁止の解除も強く求めてきた。北朝鮮側は万景峰92の入港再開も確実と踏み、5月初めには係留先の元山港から東北部の羅津港のドックに移された。
 ただ首相は今回、万景峰92の入港禁止の継続を命じた。「北朝鮮は金や物資を運ぶ万景峰にこだわるはずだ。被害者の帰還を図るカードとして、今は手放すわけにはいかない」。決して譲らなかったという。
 首相は制裁の一部解除の決断について国内世論だけでなく、国際情勢もにらみながらタイミングを計ってきた。

 ◆制裁づくり指揮
 「日朝が動くのは7月に入ってからだ」。首相は集団的自衛権の行使容認をめぐる与党協議が佳境に入った先月中旬、政府関係者にそう語った。この関係者はとっさに3日からの中国の習近平国家主席の韓国公式訪問に、制裁解除の発表を「ぶつける気か」と受けとめたという。
 中韓両国は、歴史認識問題などで足並みをそろえて日本を批判する姿勢を取っている。日朝交渉を前進させることで、両国の関係強化を牽制(けんせい)する意味もあるとみられている。
 一方で、北朝鮮は過去に不誠実な対応を繰り返した“前科”がある。平成14年には横田めぐみさんら8人について「死亡」などと通告し、ずさんな死亡確認書を提出。16年にめぐみさんのものとして提出した「遺骨」も偽物だった。そんな北朝鮮への独自の制裁づくりを指揮したのはほかならぬ首相自身だった。
 今も「拉致被害者の全員帰国」を掲げる首相。超党派の国会議員でつくる「拉致議連」の平沼赳夫会長は3日の記者会見で「政府がやっていることを応援したいが北朝鮮には随分だまされてきた」と懸念を示した。
 そうした声に対し首相は周辺に自信を示した。「大丈夫。安倍政権が北朝鮮にだまされることはないよ」

朝鮮半島の人間にとって、いや中華思想を持っている人間にとって約束というのは守らせるものであって、護るものではありません。少なくとも自分の利益になることでしか約束を守ろうとしないのです。この文化の違いが日本を揉まらせている原因でもあります。
 日本人は昔から嘘は悪徳であり、正直に生きることこそ美徳と考えてきました。
しかし、他の国では自分が一番大事であり、自分は損をしたくないそのためには約束を破っても良いと考えております。
特に中華思想の人間はその傾向が強く、自分が大事、家族であっても信じないというスタンスを地で行く民族です。
朝鮮半島は古くよりその中華思想の支那人に支配されてきました。
なのでそれ以上卑屈なプライドを持った民族だと言えます。

今回の日朝会談、拉致被害者全員の奪還を目指して日本一丸となって戦っていかなくてはなりません。
拉致被害者は確認されているだけで860名程
すべての拉致被害者の奪還を目指す
この人数すべての消息が分かるまで北朝鮮への制裁をすべて解除するわけにはいきません。
この北朝鮮による拉致の被害ですが、実行犯として日本にのうのうとある組織があります。
それは朝鮮学校です。
朝鮮学校は北朝鮮のスパイ養成校として存在しており、過去から周辺の住民とのトラブルを抱えておりました。
しかも朝鮮学校は学校と名乗っていますが、立派な私塾であり日本の教育方針に沿った教育を行わないことで有名な学校です。
学校と言うのは不適切なのですが、一応学校と名乗っているのでそのように話します。

今話題の京都の朝鮮学校は公共施設である公園に勝手にスピーカーや遊具などを設置して50年間不法占拠しておりました。そのことに対して行政が何もしないので有志が異物の撤去を行い朝鮮学校に対して引き取りを駆け寄りましたが、朝鮮学校がこれを拒否、そのため有志が受け取るようにと訴えていました。
それを何故だか人権侵害と捏造され裁判となったことが今回の裁判です。大阪地裁ではきちんと事実関係を確認せぬまま判決を下したようですが、これは何故なのでしょうか?
きちんと事実関係を確認し、どのような発言を行っていたかは録画、録音でわかっているはずです。
決してお子さんに対して罵倒したわけではないことは明白です。
しかし、よく捏造するマスコミなどがしばき隊が良く行っているようなヘイトスピーチを有志の人間が行っていると勘違いし、裁判となりました。裁判の証拠などは見ておりませんのでわかりませんが、私はそのように思います。
確かに拡声器などで朝鮮学校に対して機材の受け取りを迫ったのは事実です。そしてそれを拒否した朝鮮学校に対してきちんと対応しろと言ったことも確かです。
しかし。しばき隊のように『しね』等は話しておりません。話していても『帰れ』です。朝鮮学校の関係者は元不法滞在者であることは歴史的事実ですので不法対座者に対して『帰れ』という言葉は間違っておりません。これは人権侵害に当たりません。そんな事もわからない判事が裁判を行っている事こそおかしなことです。
詳しくは正しい歴史認識、国益重視外交、核武装の実現さんにありますのでそちらを参照ください。
在特会2審も敗訴・NHK「時論公論」出鱈目解説・朝鮮学校の犯罪触れず、ヘイトスピーチ曲解強調
私は在特会の会員ではありませんが、街宣には幾度か参加して事があります。一番しばき隊などの攻撃がきつかった当時の新大久保の街宣にも参加しておりますが酷いものです。『死ね』や『殺せ』等の言葉は当たり前、ペットボトルが飛んできても警察は犯人を捕まえようともしません。殴りかかってきても反撃しないでと言われる始末です。
警察がそのような対応だから朝鮮人がのさばっているというのが現実なのです。治安維持のためにも犯罪者は逮捕し即刻国外退去処分にする必要があります。
10417823_330853827066665_6355452595720115785_n.jpg

日本の治安を守るためにも犯罪を起こした外国人は必要ありません。これを送還しないことが差別に当たります。
きちんと差別を認識して考えてほしいところです。
犯罪を犯した人間を逮捕し、調査、背後関係をきちんと洗いなおすことが拉致問題の実行犯の洗い出しにつながります。
これにつながる日本人もいることでしょう。
その日本人をきちんと逮捕し、自民党の旧幹部連を追放する、これが自民党の真の再生につながり、日本の戦後体制が終わる瞬間なのでしょう。
きちんと頑張っていかなくてはなりません。
皆で自民党を応援しましょう!(応援する必要のない人間はしなくてもいいと思います(笑))
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2014/07/13 06:00
コメント:
No title
 さすが安倍さん!
 敵を欺くにはまず味方から・・・。
 結構ではないですか!

管理者のみに表示