きちんとした歴史を知らなければなりません。

先日、第一次世界大戦がはじまって100年という報道がありました。
その時に報道キャスターが日本は大連付近でドイツと戦っただけであり、ヨーロッパ戦線には参加していないということを話しておりました。
ふざけるなですね。陸軍は確かに戦っていませんが、海軍は艦隊を派遣してUボートなどから商船を護る護衛任務に就いておりました。
そして、その任務の成果は素晴らしいもので多くの方から感謝されていたと聞いております。
「地中海で戦ったこと忘れないで」甦る日本艦隊への評価 地中海の小国マルタ 第一次大戦開戦100年
 地中海に浮かぶ小島マルタで第一次世界大戦中、英国の同盟国として参戦した日本海軍の功績を評価する動きが広がっている。忘れ去られた史実に光を当てようという試みだ。第一次大戦の開戦からちょうど百年となるのに合わせ、現地を訪れて日本人の足跡を探った。(マルタ 内藤泰朗、写真も)

戦利品はUボート

 マルタの港に停泊する日本海軍の艦船。敵から接収した潜水艦Uボートの甲板に並ぶ水兵たち。マルタの首都バレッタにある国立戦争博物館には、そんなモノクロ写真が展示されていた。「1917~19年のマルタにおける日本帝国海軍」と題するコーナーができたのは数年前のことだという。
 英国はドイツとの戦況が悪化する中、日英同盟を結んでいた日本に地中海への艦隊派遣を要請した。17年3月に駆逐艦8隻を派遣し、6月には先遣隊がマルタに到着した。
 英国は当時、同盟国でありながら影響力拡大を図る日本を警戒し、不信感を解いてはいなかった。しかし、博物館にあった解説は、「日本艦隊の艦船数は最大時には17隻に達し、日本の海上支援の意義を否定する英国の見方は今日までになくなった。日本は大戦で重要な役割を果たした」と評価していた。

「誇らしい物語」
 18年春には、ドイツが欧州の西部戦線で大攻勢を開始し、英軍は中東などに展開する部隊を大量輸送する必要が出てきた。日本の艦隊は、788隻の連合国側の輸送船や病院船を護送し兵員70万人を輸送。敵のUボートと35回交戦し、駆逐艦「榊」が魚雷攻撃を受けて大破し、艦長ら59人が死亡するなどの犠牲も出た。
 一方で日本艦隊は、Uボートの攻撃を受けた船から7千人以上を救出。人々に感謝され、戦後はUボート7隻を戦利品として日本まで運んだという。
 「日本艦隊の働きがなければ、英国は苦境に追い込まれていたかもしれない。そうした史実が知られていないのはおかしいと思い、コーナーをつくった。日本が地中海で果たした役割を忘れてはいけない」。国立戦争博物館のデボノ学芸員(35)が強調した。
 第一次大戦に関連する小説を多数出版している英国出身の作家、C・W・ニコル氏は、編集に当たった「日本海軍地中海遠征記」(片岡覚太郎著)で、艦隊の地中海派遣は「日本人だれもが誇らしく思っていい物語だ」と記している。

薄れる存在感
 日本人水兵たちが眠る旧日本海軍戦没者墓地は、バレッタの港を望む小高い丘にある「英国軍墓地」の一角にあった。
 白い慰霊塔には66人の名前が刻まれ、清掃も行き届いていた。第二次大戦の爆撃で破壊されたが、戦後に再建され、今も多くの日本人が訪れるという。昭和天皇も皇太子時代の21年に訪問された。
 第一次大戦で戦勝国となった日本はその後、孤立の道を歩んで米国と衝突。第二次大戦では、かつて共に戦った英国やマルタとたもとを分かち、敵同士となった。
 父親の代から在マルタ日本名誉総領事を務めるミフスッド氏(70)は、墓地や日本ゆかりの場所を案内しながら、マルタで日本の存在感が薄れ、中国が電力エネルギーや港湾分野に投資して急速に影響力を拡大していると明かした。
 「日本と歴史的なつながりがあるマルタに、もう少し足を運んでほしい」72b22324-s.jpg
。名誉総領事の日本人に向けたメッセージだ。

マルタ共和国
 「地中海のへそ」と呼ばれる南欧の小国。人口約42万人。総面積は、淡路島の半分に当たる316平方キロ。地中海貿易で繁栄しイスラム帝国の支配下に置かれたが、16世紀に聖ヨハネ騎士団(後のマルタ騎士団)の所領に。18世紀末にはナポレオン軍が一時占領。19世紀初頭に英領となったが、1964年に独立。英連邦と欧州連合(EU)に加盟。宗教はカトリックが中心。

当時、日本は第一次世界大戦を戦うためにヨーロッパに艦隊を派遣して民間商船への護衛を行っておりました。
そう、中東における護衛艦任務と全く同じことです。
第二次世界大戦では袂を分かれましたが、マルタの方々は日本のおこなった成果を忘れてはいなかったのです。

この当時、立派に戦った日本帝国海軍、その血を受け継ぐのは海上自衛隊です。
最近は変な主張を行う某野党によりおかしなことが言われておりますが、彼らは命令があれば戦うでしょう。
日本国民を護るために戦ってくれることでしょう。
我々国民はその自衛隊の方々に対して精一杯の感謝の念を捧げ、何かあった場合には最大限護ることが必要です。
彼ら自衛官は自衛隊反対の声を上げる方も護るでしょう。
背後から銃で撃つような卑怯者でも護るのです。そんな時に自衛隊を護るのは誰なのでしょうか?
平和ボケをしているといわれている日本人、それは本当の事でしょう。70年近く平和で安全な時間が過ぎました。
しかし、その平和を護るために裏方で戦っていた人たちの事を忘れてはなりません。

そして、大戦の戦勝国となり国際連盟に加盟した日本が行った意見、『人権平等』これをめぐる戦いであった大東亜戦争に突入するのです。
時代はすべてつながっているのです。つぎはぎで覚えても仕方がありません。
きちんと覚えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/08/06 06:00
コメント:

管理者のみに表示