『天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)から神武建国まで』

第33回平成・美しい日本を護る会
日本の歴史文化研究会

『天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)から神武建国まで』
~この国をつくったのはだれか?~
10534072_518200431642084_5230430285890462259_n.jpg
日本の古代国家は
『朝鮮半島の渡来人によってつくられた』との通説で
教育を受けた人が多数を占めるためか
戦後一貫してわが国の教育や政治に
国の名誉や誇りを軽んじる風潮が蔓延している。
日本は日本人によってつくられたのではなかったか?
この素朴な疑問に応えるべく
その始まりを神話に求め
わが国建国の歴史を正しく検証する。

<実施要項>
日時 平成26年8月10日(日)13:15~16:40(受付13:00より)
会場 芦屋市民センター217室
   芦屋市業平町8番24号 TEL(0797)31-4995
会費 500円(会場室料と資料代)

<プログラム>
第1部●講演「天御中主神から神武建国まで」
    岡島茂雄先生 (会社、団体役員)

第2部●「質疑応答」
    各自飲み物、茶菓等をご持参ください。

主催「平成・美しい日本を護る会」 
共催「my日本」・「日本教育再生兵庫」

参加申込: 連絡先(TEL・住所)を
8月7日(木)迄に下記へ(定員30名先着順)お申込下さい。
E-mail : ishimotoh@kcc.zaq.ne.jp


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/08/09 06:00
コメント:

管理者のみに表示