謝罪をしない朝日新聞は今後どのようになっていくのでしょう。

10351880_1506445159590250_9216480082629038538_n.jpg
何かにつけて反日本、反権力、反社会的勢力を行っている朝日新聞ですが、
とうとう中共からも見放されてきているようです。
そのような朝日新聞に対して暖かい手を差し伸べているのが韓国です。
【コラム】朝日新聞の孤立
 1987年5月3日、朝日新聞阪神支局の記者2人が、編集室に押し入ってきた暴漢に銃撃された。脇腹を撃たれた29歳の記者は翌日、絶命した。犯人は3日後、右翼組織「赤報隊」を名乗り、日本の通信社2社に「全ての朝日社員に死刑を言い渡す」「われわれは最後の一人が死ぬまで処刑活動を続ける」という声明文を送った。犯人は今も捕まっていない。
 2001年8月15日、朝日新聞は終戦の日に「歴史に対する責任」という社説を掲載した。「すべて天皇の名において『皇軍』への命令が下されたことを考えても、やはり天皇の戦争責任は免れない、というほかあるまい」とし、「国家の最高位にあった人物が責任を負わないで、どうして普通の臣民が自らを省みるか」というジョン・ダワー氏の言葉を引用している。天皇の戦争責任論は当時も今も日本社会でタブーになっている。
 2005年3月27日、朝日新聞論説主幹だった若宮啓文氏は「風向計」というコラムで「いっそのこと島を譲ってしまい、『友情島』にしてもらう」という「夢想」を書いた。遠回しな表現だったが、独島(日本名:竹島)放棄を主張したのだ。それでも右翼の行動隊が朝日新聞社前に集結し「国賊、売国奴、切腹しろ」と脅した。若宮氏は日本の右翼の敵になった。朝日新聞はその若宮氏を6年後、新聞編集の最高位である主筆に任命した。
 日本語を学ぶ韓国人学生にとって、朝日新聞は貴重な教材だ。誤字が少なく、文法が正確だという理由だけではない。朝日新聞からは民族主義という名の嫌なにおいが漂ってこない。その良い例が在日韓国人犯罪を扱った記事だ。他紙とは違い、朝日新聞は容疑者の韓国名を書かない。代わりに在日韓国人が日本で使用している日本名「通名」を記載する。言葉一つとっても在日韓国人に対する偏見を助長したくないということだ。
 朝日新聞の発行部数は朝・夕刊合わせて1日1027万部に達する。1320万部を発行する読売新聞と共に、日本の知識人の「議論の場」を二分する。朝日と読売はよく進歩と保守に色分けされるが、朝日にはそうした基準だけでは分類できない独自の価値がある。新聞販売に不利なことを知りながら民族主義を排撃して国際主義を尊重し、読者の心中が穏やかでなくなると知りながら過去の反省を求めタブーを破壊するのだ。それでも朝日新聞は日本の100年にわたるマスコミの歴史で「二大紙」の地位から転落したことがない。日本の知識社会が深く、裾野が広いことを証明している。
 今年8月5日と6日の朝日新聞に掲載された特集記事が、日本の社会を再び議論の渦に引き込んでいる。二日間にわたり5ページを割いた「慰安婦問題の本質 直視を」という記事だ。朝日はいくつかの誤報を公にして訂正した上で「慰安婦の強制動員はなかった」という日本社会で主流を成す主張を再度批判した。だが、日本社会では「朝日が間違いを認めた」と攻撃が相次いでおり、日本政府までこれに加勢している。
 旧日本軍の従軍慰安婦をめぐる朝日新聞の闘いは20年以上になる。加害者の国の新聞が常に被害者側に立って闘ってきたのだから、孤立し疲れが見えてきた。これを知恵を持って助ける方法が韓国政府にはあるはずだ。
鮮于鉦(ソンウ・ジョン)国際部長

まあ、朝鮮日報ですのでね~
昭和天皇は最初から最後まで戦争には反対していたことは事実です。そして自らの身を差し出してまで国民を護ろうとしたのも事実ではあることは国民は知っております。なのでタブーではなく責任を負う必要はないと表現するのが適切であり、ないものを話題にすることはできないだけの事です。陛下に罪をかぶせたい人間だけがそのような話をするだけの事です。
若宮は我が国の国土を売り払おうとしていた売国奴であったというだけの事です。竹島は我が国の領土であり、韓国が不法占拠を行っているだけにすぎません。事実をきちんと踏まえてもらいたいものです。
通名は偽名でありそれを公で使うのは犯罪行為です。そのことが朝日新聞が分かっていないだけの事であり犯罪者は本名で報道しなければならないのが普通です。
戦争が終わってもうすぐ70年です。そのはずですが、問題になったのは32年前からであり、その37年間は何をどのようにしていたのでしょうか?
訴えるのであればアメリカから独立したのちに落ち着いたら訴えれば良かったのではないでしょうか?
それを朝鮮戦争が終わってしばらくしてから問題視する、これが全く理解できません。
問題になっていなかったのにわざわざ問題を作り上げたという事でしょう。
火のないところからは煙が出ないと言いますが、火のないところの水煙とでも言いましょうか?
捏造を得意とする新聞社ですね。
新聞の発行部数については押し紙問題と言うものがあります。
そして発行部数は信用度の裏返しではありません。
朝日新聞は天声人語と言う落書きがセンター試験にでることが多いから受験生を持つ家庭で取られているだけであり、私が学生だった頃も取っていましたが受験が終わったらすぐに新聞社を変更していたことを覚えております。

新聞紙についてのアンケートがあります。
発行部数に比例せず…「信用できる新聞」ランキング
NewsCafeでは「アナタが最も信用している新聞は?」というアンケートが実施されたらしい。ランキングとともに寄せられた声をご紹介しよう。※回答総数…1123件

【1位】地方紙(18.7%)
■地元の話題は地元のがイチバン。[女性/30代/会社員]
■信用というより、知っている人が載ったりして、見ていた方がいい時がある。[女性/40代/会社員]
大手の世論調査が、信用ならなくなったので。[男性/30代/専門職]

【2位】新聞読まない(17.4%)
■偏向報道するような日本の新聞は読まない。[女性/40代/会社員]
■新聞やニュース等は事実をそのまま伝えるものであり、個人的もしくは社風的観測は論外です! テレビも同様にアナウンサーの個人的発想など言語道断です![男性/40代/専門職]
■スポーツ新聞はともかくどこも右か左に寄ってて都合の良いように事実をねじ曲げて世論を誘導しようとしてくるから要らない!! ああいう事ばかりするなら新聞なんてなくしたがマシだ!![男性/20代/その他]

【3位】読売新聞(13.0%)
■特に不満はないし、巨人ファンだから読売ですよ。[女性/40代/主婦]
■政治面においては穏健派と急進派の狭間的を由とする、中間に位置するポリシーを遵守してるところが良い。保守的と革新的な意見の見応えは魅了するばかり。[男性/50代/会社員]
■野球以外は安心して読める。[女性/50代/会社員]

【4位】朝日新聞(11.8%)
■信用してる訳ではないけど、活字が読みやすいから。[男性/40代/会社員]
■とってるのは朝日。読売は母(高齢)をだまし契約書にサインをさせた(怒)。新聞の信用性はどれも高くないのでどこも同じ。[女性/40代/専門職]
自分に甘く反日の朝日の記事が、日本にとって国益にかなうかのバロメーター。朝日の主張の逆が日本にとって最良の道。最も分かりやすい。[男性/30代/専門職]

【5位】産経新聞(11.7%)
■テレビ局の方は、ダメダメですが、産経新聞だけは保守派なので信用しています。[女性/40代/主婦]
三大紙より信頼性がある。朝日新聞は偏向報道が多く、一番信頼性がない。[男性/50代/専門職]
■産経がなければマスコミの論調はほとんど同じでしょう、左翼に偏重している他の新聞と違いハッキリした主張と信念を感じます。[女性/20代/会社員]

そして6位以下は【日経新聞(7.7%)】【毎日新聞(3.6%)】【聖教新聞(3.3%)】【スポーツニッポン(1.0%)】という結果に。

意外とみなさんわかっておりますね。
朝日新聞は捏造するもの、信用に於けないものであるという事です。
聖教新聞が入っているのがおかしいと思いますが、まあいいでしょう。
朝日新聞は4位という事のようですが、産経とほとんど変わりませんね。
朝日、毎日、読売が三大新聞社らしいですが、産経も入れても良いかもしれませんね。
アメリカでは新聞などは宅配ではなく駅で購入するものと言われており、自分の信じる新聞社と言うものが存在します。
自分で選んで購入しているというだけの事で他紙は信用しないとも言えます。
テレビもそのような考えでみられており、民主党であれば民主党系のテレビ、共和党であれば共和党のテレビと言った感じです。
テレビなどが商業主義で情報を流していることは当たり前であり、ほとんど信用していないそうです。
なので誤報があった場合にもきちんとし体制で臨んでいるようです。
10408643_573132849470491_7609890325630185925_n.jpg

さて、朝日新聞は謝罪することを止めております。
なので私たちは朝日新聞が廃刊になるように運動を続けていかなくてはなりません。
日本の名誉を傷つけ、敵に対して情報を与え続けるというのであれば朝日新聞に対して不買運動を行っていくだけです。
日本の言論界にきちんとした風を流すためにも捏造を行っている者に対してきちんとした責任を負わせる必要があります。
きちんと償わせましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2014/08/19 06:00
コメント:
朝日の廃刊はやむ無し
朝日の廃刊はやむ無しだろう。それとも東スポのライバル紙として何を載せても訴訟の対象にならない新聞として再スタートするかの選択肢しかなくなった。

管理者のみに表示