我が国を中共の属国にしてはなりません。

最近、よく講演会などの出席されている中共専門の作家がいらっしゃいます。
その方が本を出されたそうですので紹介します。
日本国内に“中国自治区” 直面する危機に対策急務 河添恵子氏 (1/2ページ)
 ビジネスを“隠れみの”にした、中国の世界侵略の実態を暴いた『だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート』が注目されている。読者は北米やアジア、欧州・北極圏だけでなく、日本までもが、すでに中国の手中に落ちているという現実を目の当たりにし、戦慄する。著者のノンフィクション作家、河添恵子氏に、日本人の目の前に迫る危機について聞いた。 (文・福田哲士 写真・大山実)
 ──産経新聞出版から出した『中国人の世界乗っ取り計画』(2010年)、『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(11年)に続く3冊目で、自身の中国報道の集大成ですが
 「これまで世界中を取材し、至るところでその地を乗っ取っていく中国人を目の当たりにしてきました。中国共産党の目標は、中華思想で世界のルールを塗り替えることですが、資源や先端技術の奪取など、あの手この手で世界侵略を進めてきました。危険だからこそ、書籍で警告してきました」
 ──具体的には、中国はどのように世界を侵略しているのでしょうか
 「例えば、米国最大手の豚肉生産企業のスミスフィールド・フーズ社が中国企業に買収されました。米国産の名を借りた、中国系企業の豚肉が日本に輸入されるわけです。チャイナフリーのつもりでも、今後はTPP加盟国の国籍に“化けた”中国系企業の食料品がいろいろと入ってくるかもしれません」
 ──強硬な対外拡張路線でアジア各国と対立を深めた中国は、世界から孤立しているのではないですか
 「アメリカ側からみると、孤立しているようにみえますが、実は違う。英国のエリザベス女王が、国家元首でもない李克強首相とあえて会見したように、中国はEU主要国で経済的に大きなウェイトを占めています。孤立どころか、最重要国の一つです」
 ──これからの中国はどこを狙ってくるのでしょうか

 「中国は金銭外交で、アフリカ諸国を“植民地化”しています。習近平国家主席が最近、アルゼンチンやキューバを訪問したことでも分かるように、中国共産党の狙いは反米国家を取り込むこと。アメリカと日米安保が、習政権の“敵”だからです」
 ──中国に対して、今後、日本はどう対処すればいいのでしょうか
 「北海道や九州など、全国各地の広大な土地が中国資本に買い占められています。この本でも、その実例を示しています。一部の方々とはいえ、ようやく危機感を抱き始めていますが、国や地方行政の対策が後手後手に回っていることが問題なのです。さらに移民の受け入れに舵を切れば、国内に“中国自治区”が点在していきます。日本が中国との距離を置き、経済的にも軍事的にも強くなることが、中国の野望から身を守る唯一の方法だと考えます」
 ──読者へメッセージをお願いします
 「講演で地方に行くことも多いのですが、私の話を聞きにきてくれる方々は、すでに危機感を抱いている人たちなのです。それでも、中国の狙いを知って、驚かれる人も多いぐらい。まずは、この本を読んで、その実情を少しでも知っていただければと思います。決して自分たちの街は安心だなどと思わないでください。これは日本全体が直面している危機なのです」
 ■あらすじ 中国が、ビジネスの名を借りて、資源や土地など世界のすべてを手中に収めようとしている実態を、現地取材などから詳細にリポート。日本各地で進む太陽光発電の施設建設を装った土地の買い占めや、グリーンランドの鉱物資源を狙ったデンマークの経済的支配など、知らぬ間に実質的な“中国自治区”と化していく様子は、背筋が寒くなるほどの恐ろしさだ。
 ■河添恵子(かわそえ・けいこ) ノンフィクション作家。1963年、千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、遼寧師範大学へ留学。主な著書は「中国崩壊カウントダウン」(明成社)、「中国人の世界乗っ取り計画」「豹変した中国人がアメリカをボロボロにした」(ともに産経新聞出版)など。

だから中共は階に来る
その河添さんですが、8月14日に靖国神社で行われた沖縄支援集会にて講演されました。
丁度、私も参加できましたのでその講演内容です。
8・14沖縄支援集会in靖国「祖国防衛の砦、沖縄死守の誓い」
河添恵子さん in靖国

第一部:河添恵子
私もジャーナリストとしてマスコミの報道と実際の報道が異なることは存じておりましたが、
テレビなどの印象とは異なり仲井間知事はとても温厚な方でありました。

その仲井間知事は鳩からおかしくなっていったと仰っておりました。
前の自民党政権でも一年で首相が交代して一年で準備した政策が首相が変わることで採用されないと言う事が多数ありました。
10年前は一週間に一回くらいのスクランブルしかなかったのですが、最近は一日に一回のペースで発進しています。
その事によりパイロットの負荷は増えておりますし、燃料の消費量も増えておりますが、防衛省の予算はどんどん減らされております。これはゆゆしき事態です。
中共は国民が植えて死のうと共産党の利益の為に活動しています。その利益を求めて外に出て行っています。
南シナ海を抑えられると日本が干上がります。40年かけて中共はアメリカを追い出しました。そして中共が入り込んでいます。
ベトナムが中共と対立しております。これは偏にアメリカと手を組んで中共を排除しようとした結果です。しかし、その中共はイギリスと手を結びました。
先日の支那の投資がその証拠です。ドイツも中共の人権に対して何も言いません。
彼らは相当ドライに考えております。
亜細亜で戦争が起きればヨーロッパから兵器を購入するのでヨーロッパが儲かります。
対岸の火事のような感覚なのです。

しかし、中共は1945年以前の世界秩序に戻したいと考えます。
そのために中共は世界中にシンパを増やしつつあります。
中共に工場を持っている企業には確実にスパイが入っております。
そしてその企業自体も中共に儲けさせてもらっているのですぐに離れることが出来ません。
しかし、損切をすることになっても手を引くべきだと思います。
保守同士は融通が利かないので内部分裂をすることがあります。
敵はある目的があれば心情が異なっていても結託することが出来ます。
そして選挙にみんなで行くことから選挙の結果を私物化してしまうのです。
そして選挙に行かない人たちは投票しても結果が変わらないことで興味を失っているのです。

ヨーロッパは戦争が起きても何もしません。寧ろ亜細亜で戦争が起きればヨーロッパが儲かります。
戦争を拡大しない為にも軍備を強化を行っていかなくてはなりません。
そしてアメリカは日本を護ることはないでしょう。
中共ではまともな人間は失脚させられます、いや殺させるでしょう。
そして人殺しだけがトップになることが出来ます。
そのような国を相手にしなくてはならない事を覚えておかなくてはなりません。

お金持ちが逃げていく国が幸福な国なのでしょうか?
よく共産党だから、一党独裁だから中共は駄目な国、不幸な国と言われているそうですが、
これは政府の問題ではなくその国の国民性にほかなりません。
彼らの発展は破壊しかないのです。
台湾、満州国のインフラ整備はだれが行いましたか?どこの国が何のために作りましたか?
日本が原住民の為に作ったのです。そして住民が運用して発展していったのです。

日本をどのようにして守るのか?どのようにして自立していくのか?
国の在り方はどのようになっていくのか?
特に若い人たちに考えて行っていただきたいものです。
以上

素晴らしい講演でした。現在の中共の考えや行動規範、、などを交えて日本がどのようにしたいかを克明に話されていました。
尖閣諸島は日本の領土であり、琉球ではありません。そしてもちろん中共の土地でもないのです。
沖縄は沖縄系日本人と呼んでも良いような文化を持っています。
そのことについては仲村としこさんが講演されています。

以下
第一部
中山とし子先生の講演内容です。

私達は日頃から活動しておりますが、まだまだ力が足りません。皆さんの力がないと沖縄を護ることがで居ないのです。
私は琉球語というものを知りません、そのような言葉は昔からそんざいしていませんでした。
確か、GHQが作った言葉だと聞いたことがあります。
沖縄の方言は鹿児島の方言に似ています、発音が似ているのです。
この事からも沖縄は日本の一部なのです。
日本の始まりは宮城の高千穂から始まりました。九州です、この事は九州の人たちは誇りに持っていなくてはならない事です。

中共は琉球の事を日本が盗んだ土地と言っております。しかし、昔から沖縄は九州の一部であり、明治の廃藩置県にて沖縄県になっただけで
元々薩摩藩の領土です。
廃藩置県で県になったことは沖縄の人間は明治政府に感謝しております。県となり明治政府の教育方針により盲目の人間がいなくなりました。
私のような農家の人間っでも本を読めるようになったのです。

私達が黙っていたら尖閣諸島は中共の領土になってい舞います。
久松五勇士の話をご存知でしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/raffaell0/e/ad0da2c30369f379e4ec24b96f29849c
もし、沖縄が琉球であり中共から強奪した土地であればこのような国民はいたでしょうか?
いつ死ぬかわからないような航海に出て元敵国の為に命を張ったのでしょうか?
そのようなことは絶対にありえません。元々日本国国民であったのでみんなの生活を護ろうとして命を張ったのです。

沖縄戦の際に日本軍が沖縄の住民に対して集団自決を迫ったという嘘を広めている人間がおりますがそのようなことは絶対にありません。
死ぬ事だけが護国の為ではありません。生きて国の復興のために力を尽くしてほしいと軍人は言っていたのです。
その大切な国民をだれが殺そうとしたのでしょうか?
そのようなことは絶対にありません。

沖縄戦にてアメリカ軍は三万人くらい精神異常となったそうです。しかし、日本軍はそのような人はいませんでした。
戦うことに価値を見出した人間だったのです。戦う為の理由があったのです。
中共に沖縄を取られてしまうと日本のシーレーンがとられてしまいます。
シーレーンがとられてしまうと言う事は大東亜戦争の戦いの理由と同じことです。大東亜戦争の二の舞を踏むつもりなのでしょうか?
大東亜戦争はアメリカが日本を戦争に引き込もうとして行った工作に乗ってしまったため発生してしまいました。
その教訓を忘れてはなりません。

私達沖縄県民は5月15日を沖縄祖国復帰の日として世界に認めさせる全国で祝える祝日にしていただきたいと思います。
沖縄を日本の革命拠点にしてはなりません。
以上

如何でしょうか?
沖縄は元々薩摩藩の管轄にあり廃藩置県にて沖縄県になった由緒正しい我が国の領土です。
きちんと守っていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/09/03 06:00
コメント:

管理者のみに表示