〜45年目の沖縄県祖国復帰顕彰〜

17862775_1437668019640105_8137447696413495643_n.jpg
【最重要イベント・拡散・シェアをお願いしますm(__)m】
 結論から申し上げますと、日本国民を揚げて、沖縄県祖国復帰記念日を祝うことにより、日本を揺るがすような様々な沖縄問題は、雲散霧消するように解決いたします。
なぜなら、日本民族の聖戦である沖縄の戦いと、日本民族の奇跡である、沖縄県祖国復帰の誇りある歴史を取り戻し、分断工作の隙を与えることの無い、強い一丸となった日本国を取り戻すことができるからです。
5月20日は、是非ご一緒に、皆様と靖國神社にて、沖縄戦の英霊皆様に、
「皆様が命をかけて守った沖縄が、沖縄県に祖国復帰して無事45週ね経過いたしました。これからも皆様の志を引き継いで、決して沖縄を再び他国に渡すことのないように守り抜きます!」
とお誓い申し上げたいと思っております。
是非、拡散ご協力の上、ご参集をお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    〜45年目の沖縄県祖国復帰顕彰〜
  5.20沖縄県祖国復帰45周年記念靖國集会
 「伝えよう!祖国復帰の真実、語り合おう!その志」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
https://www.facebook.com/events/602722289917703/
◎日時
  ◇受付:12 時半  ◇開会:午後1時 ◇閉会:3時半
◎場所:靖國会館2F(靖国神社境内内)
◎参加費: 1,000円
◎参考動画(是非御覧ください)
 <当法人PV>
 https://youtu.be/_gviAJY6xEM
※集会後、第一鳥居前から神田公園まで祝賀大パレードを開催します。(午後4時第一鳥居前集合)
平成28年1月靖国 
------------<プログラム>------------ 
■奉納芸能
  ◎琉球舞踊 「かぎやで風節」 兼次映利加
  ◎琉球民謡 「谷茶前」
         八重山古典民謡保存会 慶田盛宏研究所]
(沖縄県指定無形文化財保持者)
 
■主催者挨拶  
  ◎吉田康一郎
   (前東京都議会議員,一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事)

■来賓挨拶
  ◎藤岡信勝氏(新しい歴史教科書をつくる会副会長)
  ◎その他、調整中
  
■伝えよう!祖国復帰の真実>
  <45年目の沖縄県祖国復帰顕彰(ビデオレポート)>
   「祖国復帰を一日でも早く!」
    沖縄返還協定批准貫徹県民大会上京陳情団の活動とその意義
   ◎(沖縄返還協定批准貫徹実要請上京団取材ビデオ)
  <沖縄県祖国復帰45周年記念大会(沖縄)に参加して>
   ◎仲村洋子氏(ニコ生「あっぱれ沖縄」キャスター)
   ◎知念章氏(護佐丸リラーニングサポート・元防衛省職員)
  
■語り合おう!その志
  <若者の提言>
   ◎川端隆拓(キャリアコンサルティング)
   ◎椛島明美(全日本学生文化会議 事務局長)
   ◎町田理華(キャリアコンサルティングメンバー) 
  <活動提言>
   ◎仲村覚(一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム理事長)
 
■決議文朗読・採択
   ◎嘉手苅毅(キャリアコンサルティングメンバー)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/16 06:00

櫻井よしこ先生の「憲法改正を学ぶ講演会」を開催します。

o0629088713894188150.jpg
朝鮮有事が迫っておりますが、日本はいまだ対応できる法体制になっておりません。
安倍総理はミサイル発射に対して以下の指示を行いました。
【北朝鮮弾道ミサイル発射を受け安倍総理指示】
1.情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと 
2.航空機、船舶等の安全確認を徹底すること 
3.不測の事態に備え、万全の態勢をとること

しかし、これだけの事が出来るのでしょうか?自民党はやる気はあっても民進党や共産党などが邪魔をしかねません。
そのような状況を起こさないためにも憲法改正が必要ではないのでしょうか?
憲法改正は足掛かりです、その後帝国憲法に戻すも良いし、自主憲法制定でもよいでしょう。
私は時代に合った自主憲法制定を行っていきたいと考えています。

今日、山梨県で憲法改正の講演会が開かれます。
是非、話を伺ってみてください。
以下、赤池先生のブログをパクります。
「国づくり、地域づくりは、人づくりから」参議院議員(全国比例区)の赤池まさあきです。
 今年は、現行憲法施行70年目の節目に当たります。昨年夏の参院選に勝利して、改憲が政治日程に上がってきているはずなのですが、国会での議論はどうかというと・・・
安倍総理は今年1月の施政方針演説で次のように発言しています。
 「自らの未来を、自らの手で切り拓く。その気概が、今こそ、求められています。
 憲法施行七十年の節目に当たり、私たちの子や孫、未来を生きる世代のため、次なる七十年に向かって、日本をどのような国にしていくのか。その案を国民に提示するため、憲法審査会で具体的な議論を深めようではありませんか。
未来を拓く。これは、国民の負託を受け、この議場にいる、全ての国会議員の責任であります。」
 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement2/20170120siseihousin.html
 安倍総理の呼びかけは、残念ながら一部消極的な野党のために、実を結んでいません。
衆参両院に設置された憲法審査会での議論は、参議選後も、活発とは言い難い状況です。内容も、基本的なことばかりで、改憲条項の絞込みには程遠い状況です。

 衆議院 前国会2回+今国会1回=3回 今週2回目が開催予定
 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/index.htm
 参議院 前国会1回+今国会0回=1回 開催予定が経っていません。
 http://www.kenpoushinsa.sangiin.go.jp/

 私が所属する参議院での議論が、衆議院に比べても開催できないのは大変残念です。一部消極的な野党を動かすためにも、改めて国民の力が必要です。各地では、憲法改正に向けての国民運動が展開されています。
 美しい日本の憲法をつくる国民の会 https://kenpou1000.org/

●山梨で櫻井よしこ講演会
その一環でもあり、憲法改正に向けて、山梨県甲府市で櫻井よしこ先生の講演会を開催致します。ぜひ多くの方のご入場をお待ちしております。
日時:平成29年4月13日(木)午後5時開場 午後5時30分開会
会場:コラニー文化ホール http://www.yamanashi-kbh.jp/map.php
   〒400-0033 山梨県甲府市寿町26-1
主催:美しい日本の憲法をつくる山梨県民の会、自民党山梨県連等

●私の憲法への意見
 現在の憲法改正条項の絞込みについて、緊急事態条項や教育無償化、地方の統治機構等、様々な主張がなされています。私は、現行憲法の問題はいくつかある中で、一番の課題は、戦争放棄を定めた憲法9条だと思います。戦後一貫して指摘されてきましたが、近年安全保障環境が厳しい中、国家国民を守ることが十分できないことを憂慮するからです。特に、戦力不保持、交戦権を否認した9条2項を改正して、自衛隊の役割を明確化し、国民の国防の義務を明記する必要があると思っています。
 皆さんはどうお考えでしょうか。 

●参考資料
憲法制定過程について 「日本国憲法の誕生」国立国会図書館編http://www.ndl.go.jp/constitution/index.html
自民党の憲法の考え方は 憲法改正推進本部http://constitution.jimin.jp/
経済団体連合会 憲法の考え方http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2005/002/honbun.html#part4
私は、わが国の伝統的な精神、智・仁・勇の「三徳」に基づき、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、全ては国家国民のために、日々全身全霊で取組みます。


権利や自由だけが記載されており、大切な義務の事が書かれていない憲法、これは排除していかないといけないと思います。
憲法改正まったなしです。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/13 06:00

東京オリンピックに「台湾」の名称で参加を

17426011_798114567007253_5262762636640147251_n.jpg

東京オリンピックに「台湾」の名称で参加を
2020 東京五輪「台湾正名」推進協議会 設立記念大会

中国の政治圧力に屈したIOCのため、「チャイニーズタイペイ」(中国領台北)の名でしかオリンピックに参加できない「台湾」。
しかしこうした差別を許していい訳がありません。そこで2020東京オリンピック・パラリンピックを台湾侮辱の舞台とさせないため、台湾選手団を「台湾」の名で迎えようと訴える2020 東京五輪「台湾正名」推進協議会がこのほど発足し、すでに東京都議会に対する請願署名活動を日台両国で推進中です。
ついてはその発足記念大会を下記の要領で開催しますので、万障お繰り合わせの上御参加下さい。

■日時
平成29年3月24日(金)
18時00分 開会 (17時30分 開場)
18時30分 設立記念大会
■場所
星陵会館
http://www.seiryokai.org/kaikan/map.html
(東京メトロ 永田町駅 6番出口 徒歩3分)
■登壇者
※3月15日現在・敬称略。

許世楷(元駐日大使)※ビデオ出演
陳奕齊(基進党主席)
趙文俊(民進党屏東県本部青年発展協会会長)

山田 宏(参議院議員)
小礒 明(東京都議会議員)
本橋弘隆(東京都豊島区議会議員)
三井田孝欧(新潟県柏崎市議会議員)

黄 文雄(作家・評論家)
ペマ・ギャルポ(桐蔭横浜大学教授)
澁谷 司(拓殖大学海外事情研究所教授)
西村幸祐(批評家・ジャーナリスト)
三浦小太郎(評論家)
イリハムマハムティ(日本ウイグル協会会長)
土屋たかゆき(元東京都議会議員)
荒木田修(弁護士)

鍜冶俊樹(軍事ジャーナリスト・頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事)
三輪和雄(日本世論の会会長・頑張れ日本!全国行動委員会常任幹事)

水島 総(2020東京五輪「台湾正名」推進協議会会長・頑張れ日本!全国行動委員会幹事長)
永山英樹(2020東京五輪「台湾正名」推進協議会幹事長・台湾研究フォーラム会長)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/24 06:00

第五十回記念講座。シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」

17160828_1246658052082651_790716868_n.jpg
日本の歴史文化研究会
第五十回記念講座。シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」

主催「日本の歴史文化研究会」
共催「日本教育再生兵庫」
後援 芦屋市
後援 芦屋市教育委員会

定員になり次第、締め切らさせていただきます。
お早目のお申し込みを。

大東亜戦争に敗れ我国はGHQの占領下に置かれました。
簡単に言えばGHQの占領目的は「日本の弱体化、共産化」でした。
その手段として歴史を捻じ曲げて日本国民を『日本は悪い国だ。』と洗脳する。
そのためにマスコミをプロパガンダ(謀略宣伝)機関にし、学校を洗脳機関にしていったのです。
次代を担う子供達に如何に真実の歴史を伝えるか。
各方面からパネリストに出て頂き、パネルディスカッションを行います。

平成29年3月19日(日)
日本の歴史文化研究会
第五十回記念講座。シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」
受付13:15 講演会 13:30-16:30
芦屋市民センター 301号室
http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/shimin_center.html
〒659-0068 芦屋市業平町8番24号
TEL 0797-31-4995
JR芦屋・阪神芦屋・阪急芦屋川の各最寄り駅からも歩いて5分から6分
定員 100名
会費 500円

内容
第一部 基調講演
「歴史教科書を具体的に検証する」
日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
第二部 シンポジウム「これからの歴史教育を話し合おう。」
パネリストと参加者の質疑応答。
パネリスト(五十音順)
一色俊哉(予備校講師)
稲岡正信(甲南大学非常勤講師)
熊谷正秀(甲子園大学教授)
水谷真逸(近江高校地理・公民科教諭)


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/03/19 06:00

「日本の歴史文化研究会」第50回記念講座 これからの歴史教育を話し合おう

「日本の歴史文化研究会」第50回記念講座
16804267_1426218377420600_4949711680840570341_o.jpg

次世代になう子供たちの偏見のない健やかな情操を育むため、
先人の営みの何を、どのように伝えればいいか、
その望ましいあり方を参加者みんなで考えましょう。
就学期のお子様をお持ちの親御様、祖父母様など教育に関心のある皆様のご参加を歓迎します。

日時:3月19日(日) 13:30~16:30
会場:芦屋市民センター301号室
会費:500円(会場費及び資料代、学生は無料です)

プログラム
13:30 基調講演「小学校歴史教科書を具体的に検証する」
      日本の歴史文化研究会副会長 石本秀雄
14:00 シンポジュウム「これからの歴史教育を話し合おう」
      パネリスト(50音順)
      一色俊哉
      稲岡正信
      籠池町浪(辞退されました)
      水谷真逸
      山田憲司(公務により欠席)
16:00~パネリストと参加者の質疑応答

主催:日本の歴史文化研究会
共催:日本教育再生兵庫
後援:芦屋市、芦屋市教育委員会

ご参加の程、宜しくお願いします。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/02/21 06:00
« Prev | ホーム | Next »