崩れゆくオール沖縄の虚構

PICKH20151230_A0026000100600003_r.jpg
中共に従属していると言われている翁長、その翁長が率いるオール沖縄の虚構が崩れ去ろうとしています。
というか、元々ありもしなかったことなのですが沖縄は古来より日本の属していました。
DNA鑑定でも本島と沖縄諸島の関係は非常に深く、逆に支那や朝鮮とは全く異なるDNAを有しております。

固有種も支那とは全く関係ないそうです。
尖閣のトカゲ、固有の新種 研究者「大陸から隔離」 DNA初解析で判明
 尖閣諸島(石垣市)に生息するトカゲ属の集団が、中国大陸や台湾の同属の集団から系統的に独立した固有の新種であることが、栗田和紀・京都大大学院農学研究科ポスドク研究員ら3人の研究で明らかになった。従来、尖閣諸島と中国大陸や台湾は1万5千年前ごろまで陸続きだった可能性が指摘されていたが、著者の一人である太田英利兵庫県立大自然・環境科学研究所教授は、「尖閣がより早くから島嶼(しょ)として独立し、隔離された状態にあったことを強く示唆する」としている。尖閣諸島の陸生生物を系統遺伝学的に調査した研究は今回が初めて。
尖閣諸島は支那とは繋がっておらず、独自に進化を遂げているという事です。
人が違えば文化が異なります。古来より神社の栄えた沖縄諸島、それは日本文明に所属しているという証拠にほかなりません。

そんな沖縄県でオール沖縄のやり方を真っ向から批判した国会議員がいます。
「詐欺に等しい沖縄特有の戦術」自民・古屋氏がFB投稿
 16日に告示された沖縄県うるま市長選(23日投開票)をめぐり、自民党の古屋圭司選挙対策委員長が自身のフェイスブック(FB)で、野党系候補の公約を「市民への詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」と批判した。
 同市長選は自民、公明両党が推薦する現職と、民進や共産、社民など野党や翁長雄志知事の支援する新顔が激突。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐる国と県の対立そのままの構図になっている。
 古屋氏は現職の応援のため沖縄を訪問し、その様子を16日にFBに投稿した。「相手は共産、社民が主導する候補。何でも反対、全く財源の裏付けのない無責任な公約や、空虚なキャッチ(コピー)」だと書き込み、「沖縄特有」という言葉を使って相手陣営を批判した。
 古屋氏に名指しされた格好の社民党県議は「沖縄蔑視の発言だ」と反発。県幹部も「沖縄が選挙で示してきた民意、気持ちを理解しようともしていない。悲しい」と漏らした。古屋氏はうるま市での応援演説で「破壊することが趣味のような政党が推す人間は、間違っても、この市政に来ることがあってはならない」とも訴えていた。

共産党系の代議士がよく使う手口ですね。
出来もしないことを無責任に言って票を集める、そして実現できなかったら国のせい、県のせいと自ら責任を負わない体質が共産党にはあります。
そして沖縄はアメリカ施政の時に送り込まれた北朝鮮や中共のスパイが良く行っている手口ですね。
図星を付かれて喚いているとしか思えません。
このような売国議員は当選させてはなりません。

と思っていましたら、見事落選です。次の名護市議選、那覇市長選に弾みを掛けたいところですね。
うるま市長選:現職の島袋俊夫氏が当選確実 翁長知事支援の新人破る
任期満了に伴う沖縄県うるま市長選は23日投開票され、現職の島袋俊夫氏(64)=無所属、自民、公明推薦=が、3期目の当選を確実にした。
 4年前の市長選は無投票だったため、2005年の2市2町合併後2度目で8年ぶりの選挙となり、市政刷新を掲げた新人で前県議の山内末子氏との一騎打ちとなっていた。
 選挙戦で、島袋氏は経済振興や教育環境の整備など、2期8年の実績をアピールし、市政の継続を強調し支持を訴えていた。
 島袋俊夫(しまぶく・としお) 1952年生まれ、市天願出身。沖縄国際短期大学卒。90年から旧具志川市議やうるま市議を5期務めた。2009年に市長選へ出馬し、初当選。13年に無投票で再選された。

また一つオール沖縄の虚構が表に出ました。

沖縄を守ることは日本を守ること、早いところ憲法改正を行い国軍を創設しましょう。
米軍に頼らない国防の実現を目指しましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/27 06:00

04/26のツイートまとめ

buackky

野党は税金返せ!いい加減にしろ!【復興相辞任】4野党、すべての国会審議拒否 集中審議が再開条件 - 産経ニュース https://t.co/S9yyEjOd4M @Sankei_newsさんから
04-26 19:30

ええ加減、仕事しろよ仕事野党のようにいい加減な仕事を見ていると腹が立ちます。給料全額返金してもらいたいくらいです。仕事しない議員は辞職をお願いします。今村復興相の辞任受け 参院ではきょう審議行わず | NHKニュース https://t.co/oeqPouy6P8
04-26 19:29

さて、そろそろフリーソーメンが活動し始める時期になりましたね。今年は誰を恐怖に貶めるのでしょうか?<タカラトミー>そうめんスライダー5メートルに 急降下も(毎日新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/P91keVG9ni @YahooNewsTopics
04-26 19:15

佐野がっていうよりもこんな暗いロゴ誰が使うのか?ってレベルだと思いますね。【五輪エンブレム見直し】佐野氏ロゴ「おおたBITO」、市民8割以上が反対 群馬・太田の市施設 - 産経ニュース https://t.co/BL9jppiyAt @Sankei_newsさんから
04-26 18:52

二重国籍はいつ議員を辞めるのでしょうか?辞めて済む問題ではありませんが、二重スパイは必要ありません。剥奪を要求します。【復興相辞任】民進・蓮舫代表「辞めて済む話ではない!」 - 産経ニュース https://t.co/NamYou5vgS @Sankei_newsさんから
04-26 18:50

ウリは何時でも好きな時にビールを飲むことができるから上級ニダ!しかし、悲しいかな暖かい家庭がないから下流かもしれないニダ~緊急アンケート調査「下流と中流の差」「贅沢とはなにか」│NEWSポストセブン https://t.co/fqCxBhptqM #postseven
04-26 17:54

昨日から在日韓国人に対して大統領選の投票が開始されました。選挙権持っている在日は日本に要求するな韓国大統領選 あすから在外国民の投票開始=日本は16投票所-Chosun online 朝鮮日報 https://t.co/W4Ky99RdKF @chosunonlineさんから
04-26 06:14

自分自身でテロリストであることをばらした民進党コニタンは法案第一号として更迭されてほしいですね。民進党さん責任ね民進・小西議員「国外亡命」発言 野田幹事長も苦言(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/Td1BnAizfG #Yahooニュース
04-26 05:25

下らん質問を行い騒いでいるマスコミ及び民進党いい加減危機感がないのかね。発言は不適切だがそんなことしている暇あんの?馬鹿らしい今村復興相を更迭 大震災「東北で良かった」と発言 | 2017/4/26 - 共同通信 47NEWS https://t.co/5K4cfcmZVC
04-26 05:22

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/27 04:13

憲法守って国滅ぶのか?

18033078_1228565567241504_939490603119422730_n.jpg
北朝鮮の恫喝ミサイル、それに対応するためにも法律を作っていかなくてはなりません。
しかし、欠陥憲法である日本国憲法では限界があり、対応しきれません。
GHQによって作られたちぐはぐな憲法、占領時に押し付けられた憲法であり、国際法により無効化できますが、主権回復をした際に破棄や改正を行ってこなかったツケが今になって回ってきています。
自民党は憲法改正を行うために作られた政党です。
しかし、現状を保ち国民を豊かにするという命題を果たすほうで精一杯なのでしょう。最近まで憲法改正議論をしてきていません。
国難に際し、憲法改正を訴えていきましょう。
個人的な思想はどうであれ、一度は変えるという工程を踏まないと前に進まないと私は思います。
何とかして憲法改正を果たしましょう。それはどんなに小さな変更でも構わないと思います。

先日、古巣の山梨県で憲法改正の講演会が開催されました。
「いま憲法を改正しないと日本が危ない」 山梨・甲府で櫻井よしこ氏講演会
 ジャーナリストの櫻井よしこ氏が13日、コラニー文化ホール(山梨県甲府市寿町)で講演した。美しい日本の憲法をつくる山梨県民の会(横内正明会長)などの共催で、約1500人の聴衆が耳を傾けた。
 櫻井氏は核兵器開発や軍事的挑発を続ける北朝鮮について、「米国のオバマ前政権の対話路線が増長をもたらした」と指摘。「約500発のミサイルが日本に向けられている。甲府も照準だ」と関心を求めた。
 5月に大統領選挙を控える韓国も含め「朝鮮半島が不安定化している」と強調。「日米安保条約が日本の平和を守ってくれた時代は変わった」とし、「改憲によって自衛隊の位置づけを確立し、自らの身を守る必要がある」と訴えた。
 櫻井氏は尖閣問題などにも触れ、「いま憲法を改正しないと日本が危ない。間に合うか、間に合わないかを心配している」と危機感を強調。「日本人は穏やかで誠実だが、いざとなったら堂々と闘う。私たちの国に害をもたらすことは許さない。この決意を形にして表すのが、改憲に至る国民の議論だ」と訴えた。

今変えていかないと今回の国難を乗り越えられてもいつかは日本が滅びます。
そうなってからは遅いのです。

憲法を変更できない理由について言及されている人が居ます。
平和を破壊する憲法九条二項 なぜかくも長く放置されたのか 埼玉大学名誉教授・長谷川三千子
≪改正が行われない不思議≫
 日本国憲法が施行されて70年がたとうとしていますが、その間、憲法改正は一度もなく、その意味でわが国の現行憲法は世界で一番の長寿憲法となっています。
 しかし考えてみると、これは大変不思議なことなのです。確かにその前の大日本帝国憲法も明治22年の発布以来60年近くの間、一度も改正されていません。ただし当時は改正論議そのものが起きなかったのです。
 これに対して現行憲法の場合はすでに昭和30年、初の自民党政権が発足したとき、第一の目標として「憲法の改正」が掲げられています。それ以来、憲法改正が党是からはずされたことはなく、また自民党は3年ほどの例外的な時期を除いて、ほとんど常に与党となってきました。つまり、戦後ほぼ一貫して政権の場にあった政党が憲法改正を掲げてきたにも関わらず、憲法改正は一度も行われていないのです。実に不思議なことと言うべきでしょう。
 確かに現行憲法の改正要件が厳しすぎるというのは、よく言われる通りです。しかし同程度に改正要件が厳しいにも関わらず、憲法改正をしている国々もあって、これだけが原因とは思われません。
 もう一つ言われるのは、わが国では平和を希求する国民の願いが深く根付いていて、九条を改正しようとする政権に強く反対し続けてきたからだ、という見解です。

 ≪平和を破壊する九条二項≫
 しかし、日本国憲法第九条が平和条項だというのは、一項についてのみ言えることであって、二項は全く平和条項ではないのです。
 九条一項は、自衛戦争は許されるが侵略戦争は禁じられる、という不戦条約の原則を踏襲した、ごくまっとうな国際基準の平和条項です。ところが、九条二項は次のように定めているのです-「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」
 もしこれを文言通りに遵守したとすると、「前項」に言う「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」すること(たとえば国連平和維持活動で活躍すること)はもちろん、自衛ということが一切不可能となります。それ以前に、これは日本全体を完全な軍事空白地域にしてしまう。国際平和にとってこれほど危険なことはありません。
 世界全体の目指すべき非武装目標として語るのならともかく、これを一国の憲法規定として書き込んだなら、九条二項は平和破壊条項となりかねないのです。
 さらに深刻なのは、これが近代成文憲法の根本概念である「主権」というものを成り立たなくしてしまうということです。「主権」とは、一つの国が独立国家として領土を保全し、自国の政治を行う権利のことですが、もともとこれはヨーロッパで「最高の力」という意味の言葉でした。すなわち、自国の独立を守る「力」に支えられてはじめて、この「主権」という言葉は有効となるのです。
 わが国の憲法の第一原理とされている「国民主権」は、国の内側で政治を決定する権限が国民にあること、とされています。しかしこれも、国家が主権を維持し、独立を保っているからこそ可能な原理なのです。九条二項を条文通りに守ると、国家の力はゼロになりますから、事実上わが国の主権は消失することになります。つまり九条二項はわが国の憲法原理「国民主権」を不可能にしてしまうのです。

 ≪なぜかくも長く放置されたのか≫
 こうしてみてくると、九条二項の改正は、イデオロギーや思想の問題ではなく、ただ端的に欠陥条項を改正するという問題であることが分かります。平和と民主主義を望む人なら超党派で改正を願うはずのところです。いったいなぜそれがかくも長きにわたって放置されてきたのか? 謎はますます深まります。
 おそらくそれは、この欠陥条項が、表面からは見えない、憲法全体のもう一つの欠陥と深く結びついているからだと思われます。
 誰もが知る通り、日本国憲法は日本が戦争に負けて完全に主権を失った時期に、占領者によって作られています。近代成文憲法では、それが誰の主権のもとで作られたかが重大な意味を持つので、日本国憲法が日本を占領中の連合国軍総司令官の「最高の力」のもとで作られたというのは、それ自体がスキャンダルにほかならない。いわゆる〈日本国憲法無効論〉が主張される所以(ゆえん)です。
 けれども、もしその無効論を貫くと、現行憲法のもとに作られた全ての法律、行政システムが現国会もろとも丸ごと無効になってしまう。悪夢の大混乱に陥ります。それが怖いからこそ、誰もが無意識のうちにこの欠陥条項から目を背けてきたのだと思われます。
 しかし70年たった今、われわれは逆上することなく、冷静にこのスキャンダルをスキャンダルとして眺めることができるはずです。そしてその置き土産である欠陥条項を改正しうるはずなのです。(埼玉大学名誉教授・長谷川三千子 はせがわ みちこ)

なかなか詳しく書いていますね。
無効論自体は聞いたことありますが、あまりにも議論にならない話でしかありませんでした。
学術論的には経緯的には良いのかもしれませんが、政治的・時間的には問題ありというのが私の考えです。
どうなれば一番良いかと言えば、まずは憲法を改正して時間を掛け自主憲法制定と行きたいところです。
そしてその憲法には日本を吹き込んでいただきたいものです。権利ばかり主張するような歪で他人を思いやらない憲法ではなく義務を果たし健やかに生きる事が出来るような憲法にしてほしいですね。
その骨格を作るためにも自民党には頑張っていただきたいものですが、現状の軍隊を持たない日本ではアメリカの影響を抑えることが出来ていません。

今回の有事はピンチではありますがチャンスでもあります。
しっかりと腰を据えて考えていきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/26 06:00

04/25のツイートまとめ

buackky

無効論は虚構ニダ❗ミサイル防衛(PAC-3)無効論を斬ってみる : 海国防衛ジャーナル https://t.co/9hBTQZ1Zhd
04-25 08:12

いつも騒いでいる反核の平和主義者たちは何も言わないですね~反戦争を謳うには絶好の機会だと思うのですが、何故か反安部しか言いませんね。憲法9条を訴えるなら最前線でお願いします。北朝鮮が軍創建85年 「核攻撃 常に待機状態」牽制 https://t.co/Rkq43N0m5h
04-25 07:02

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/26 04:13

国防の危機に際し、下らない事しか言わない民進党

18010849_777693352396026_8916404420149058500_n.jpg
朝鮮半島が有事だっていうのに下らない質問しかできない民進党
しかもルールを破り事前連絡なしの質問を繰り返し、政府として正確な答弁を邪魔しています。
何がしたいのでしょうか?国民の大切な時間が下らない質問に費やさせ、本来必要である議論が出来ておりません。
このまま北朝鮮の攻撃で死者が出たら二重国籍率いる民進党や共産党の責任であると私は明言します。

それとも北朝鮮とつながっており、日本の防衛力強化を邪魔する為に行っているのでしょうか?
先週は疑惑から逃げ続けているガソリーヌからこのような馬鹿げた話が出てきています。
民進・山尾志桜里氏、安倍晋三首相に「器が小さいんだよ!」~「ぱらぱら」「そもそも」論争の末に…
 共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午前、衆院法務委員会で安倍晋三首相や関係閣僚が出席して質疑が行われ、実質審議入りした。野党のトップバッターに立ったのは、論客としてならす民進党の山尾志桜里前政調会長。首相の発言の変遷を取り上げて追及を重ねたが、その結末は-。
 山尾氏「総理の発言のブレがたくさんある。例えば『ぱらぱら発言』というのがある。1月26日の予算委員会でこうおっしゃった。『ぱらぱら集まって、今度やってやろうぜ、という話をしただけで、これはもう罪になるわけでありますが』。こうおっしゃっている。一方で、先日の決算行政監視委員会。『かつて政府が提出した法案における共謀罪においても、不当に処罰範囲が広がる危険があったとは考えていない』とおっしゃっている。どちらが正しいんですか?」
 首相「私が、最初に予算委員会で答弁をさせていただいたのは、当時、われわれは明確に罪を限ってはいなかったわけでございます。明示的に書いてはいなかったのでございまして、そういう私の発言を引用していたような、そういう印象を与えたのは事実でございます。そういう中において、今回は組織的犯罪集団に(限定した)、ということを明確にさせていただき、犯罪の対象を明確に絞った、ということでございます」
 山尾氏「総理は『ぱらぱら集まって、今度やってやろうぜ、という話をしただけで罪になる』と言い切っている。あまりにも言いつくろいが過ぎる。もう一つ。『ぱらぱら発言』に続いて『そもそも発言』というのがある。1月26日の予算委員会でのやりとりです。『今回のものは、そもそも犯罪をおかすことを目的としている集団でなければなりません』。その3週間後は、オウム真理教を例に出して『当初はこれは宗教法人として認められた団体でありましたが、まさに犯罪集団として一変したわけであります』。『そもそも発言』を前提とすれば、オウム真理教は『そもそも宗教法人』なので、対象外ですね? どちらが正しいんですか?」
 首相「『そもそも』という言葉の意味について、山尾委員は『はじめから』という理解しかないと思っておられるかもしれませんが、『そもそも』という意味には、これは、辞書で調べてみますと…」
 山尾氏「調べたんですね」
 首相「念のために調べてみたんです。念のために調べてみたわけでありますが(笑)、これは『基本的に』という意味もあるということも、ぜひ知っておいていただきたいと。これは多くの方々はすでにご承知の通りだと思いますが、山尾委員は、もしかしたら、それ、ご存じなかったかもしれませんが、これはまさに『基本的に』ということであります。つまり、『基本的に犯罪を目的とする集団であるか、ないか』が、対象となるかならないかの違いであって。これは当たり前のことでありまして」
 山尾氏「詭弁(きべん)を弄して必死にごまかすわけですけれども、今まさに、総理は笑っちゃいましたね、自分で。馬脚をあらわしたわけです。『調べてみました』と。もし本当に最初から『そもそもは基本的にという意味である』と分かってたなら、調べる必要はないんですね。総理、自分で笑っちゃってるじゃないですか?」
 首相「さきほど私が笑ったのは、私自身ではなくて、そういうことを聞かれたことについて、思わず苦笑してしまったわけでございまして。今、『失礼』というヤジがありましたが、まさに、今、私の笑いについて解説をされましたが、それが違うということを申し上げさせていただいたわけでございます」
 山尾氏「器が小さいんだよ!」

どう見ても日本語を理解していないガソリーヌに対して苦笑したってだけでしょうね。
そもそもこのような質問時代低俗でくだらないものです。それを国民の代表が集まる国会で行われている、というか二重国籍率いる民進党が恥もせずにこのような質問を投げかけている事に対して国民はウンザリしています。
テロ準備罪は国民の57%が成立に賛成しています。先進国の中でこのような法律のない国は日本くらいです。
国際連携を高め、犯罪者を許さない姿勢を打ち出せない政府というのは如何なものかと思います。

流石に安倍総理もウンザリしているのかガソリーヌに対して提言を行っています。
安倍首相「通告ない質問を次々と」山尾氏にかみつく
 「テレビ中継だからといって、この委員会で質問するのはどうかという意見もあると思う。法務委員会で、しっかりご議論いただきたい」。
 安倍晋三首相は、2012~13年度決算に関する審議が行われた17日の衆院決算行政監視委員会で、共謀罪の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」に関する追及を続けた民進党の山尾志桜里衆院議員に、反論した。山尾氏は昨年、待機児童問題で首相を追い込むなど、首相にとっては「天敵」でもある。
 首相は、「決算がどうだったかということを細部にわたり聞いて、来年度予算に生かしていくのが、この委員会の趣旨だと思うが、通告のない質問を次から次へとされる」と指摘。山尾氏から、質問内容に関する事前通告がなかったことにまでかみつき、「どういう質問か、より詳細に教えてもらえてれば細部にわたり丁寧に説明しますと言っても、それは拒否されている。国民の皆さんにも知ってもらいたい」と、訴えるひと幕もあった。
 これに対し、山尾氏は「聞かれたくないことに答えないために、言い訳に時間を使うことこそ、この委員会の時間の無駄遣いだと思う」と、皮肉をまじえて応戦した。

ガソリーヌは『日本死ね』と平気で言う低俗な人間です。その人間が総理を追求した記憶はありませんがこの記者は何を見てそう感じているのでしょうか?むしろ民進党のほうが総理が全くかかわっていない問題を二か月も掛けて追及しており、その結果幼稚園と小学校を潰しております。そちらの方が問題でしょう。
幼育機関を作れと言っている人間が潰すこの愚かな行為、これこそ二重国籍の本領なのでしょうね。
破壊しかできていません。

その様子を国民はしっかりとみています。
民進・結党以来最低 支持率6・6% 共産にも奪われ 産経・FNN世論調査
 民進党の支持率低落に歯止めがかからない。産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が15、16両日に実施した合同世論調査で、民進党の支持率は6・6%と昨年3月の結党以来、最低を更新。国会で学校法人「森友学園」(大阪市)問題などを追及しても支持には結びつかず、足元では身内が離反する始末で、蓮舫執行部は八方塞がりの状況だ。
 「先週、残念なことが続いたことが、そういう結果になっているのだろうと思う。国民に申し訳ない」
 野田佳彦幹事長は17日の記者会見で低支持率の原因について、長島昭久元防衛副大臣の離党届提出や細野豪志元環境相の代表代行辞任が重なったことを挙げた。「極めて苦しい時期だが、改めて国会対策や選挙対策にしっかりと心して臨んでいきたい」とも語ったが、党勢回復の妙案は見えてこない。
 支持率低迷の最大要因は、旧民主党政権を支えた無党派層の支持が戻らず、一部は共産党にも流れていることだ。今回の調査で「安倍晋三内閣を支持しない」と答えた人に支持する政党を問うと、民進党と共産党が14・5%で並んだ。さらに「支持政党なし」は53%にも上った。
 安倍内閣の支持率59・3%も踏まえると、民進党は政権に反発する数少ない人の支持さえつかんでいない実態が浮かび上がる。
 昨年9月に就任した蓮舫代表には、次期衆院選に向けた「選挙の顔」として無党派層の取り込みが期待された。蓮舫氏は「提案型」の党運営を掲げ、一時は次期衆院選公約に「2030年原発ゼロ」を打ち出せないか模索もした。
 しかし、2030年原発ゼロは党最大の支持団体、連合の反発で表明を断念。前執行部から引き継いだ共産党との共闘路線も「政権担当能力への不安を増幅させ、無党派層への遠心力となった」(党閣僚経験者)面が大きく、支持率は10%前後の低空飛行が続く。
 7月2日投開票の東京都議選をめぐっては、18人いた民進党都議のうち5人が離党届を提出し、さらに1人が提出の意思を固めた。小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」に流れる「離党ドミノ」も止まらない。
 党内では、代表のリコールを検討する勢力もあるが、「党の再生を図るより分裂した方が手っ取り早い」(保守系議員)との声すら上がっている。

国民はしっかり見ており、それが6.6%という支持率に繋がっております。
政治を知らないし、根回しも出来ない、すぐに罵倒し、誰の為に働いているのでしょうか?
発言すれば自らにブーメランが突き刺さる政党民進党

もはや存在自体が無駄の極致ですね。

説明責任も果たさない政治家ばかりの民進党、それをかばうマスコミ達
日本には必要ありません。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2017/04/25 06:00
« Prev | ホーム | Next »